フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

日本最速の世界王者誕生!WBOミニマム級の田中恒成選手が圧勝の判定勝ち

      2015/07/16

ボクシングWBOミニマム級2位の田中恒成選手(19)が、同級1位のイエドラス選手とタイトルマッチを行い、日本史上最速の5戦目で世界タイトルの獲得に成功しました。これで、ボクシングの日本人チャンピオンは10人目となります。

ミニマム級には、IBFチャンピオンの高山勝成選手もいることから、日本人同士の統一戦など、期待が広がります。

スポンサードリンク

田中恒成選手について

1995年6月15日生まれ。岐阜県多治見市出身。身長163㎝。右利き。体脂肪率は、驚異の3%です。

6歳の頃から、父親の指導の元、本格的にボクシングを始めます。高校時代には、ライトフライ級で国体連覇を含め4冠を獲得。将来を嘱望される選手でした。

2013年11月、プロデビュー。現在まで5戦全勝(2KO)です。

試合内容

1Rから、両者激しい打ち合いとなります。2Rには、田中選手のパンチでいきなりKOのチャンスを迎えます。しかし、ここはイエドラス選手が粘りを見せます。

その後も、田中選手のスピードを活かしたラッシュに、イエドラス選手がたびたび足をフラつかせますが、あと一歩のパンチが決まりません。

6R、田中選手に疲れが見え始めたスキを、イエドラス選手がついてきます。細かいパンチを集めて、田中選手のスタミナを奪っていきます。田中選手は、手が止まる場面もありましたが、大声援に後押しされて、何とか苦しい場面を乗り切ります。

9R、息を吹き返した田中選手が、自分の距離でボクシングを展開し始めると、イエドラス選手のパンチが当たらなくなります。一方的なペースで、最終12Rには細かいステップを踏んで、スタミナがあることをアピールします。そのまま、両選手決定打のないまま、試合終了のゴングを聞きました。

勝負は判定にもつれ込みましたが、113-111、117-111、117-111の3対0での圧勝判定でした。田中選手は、日本人史上最速となる5戦目での世界王者になりました。10代での世界王者は日本人史上4人目です。

会場には意外な人も観戦に

ボクシングをテレビ観戦する際には、いつも選手の後ろに映る観客席に有名人を探すのですが、今回も、有名人が観戦に来ていました。その有名人とは、俳優の中野英雄さんです。背景の中央やや右寄りに、サングラスをかけた中野英雄さんが確認できました。中野英雄さんと言えば、先日、放送された大島優子さん主演のTBSドラマ「ヤメゴク」に出演されていました。その関係で、今回の観戦となったのかどうかは、定かではありません。

また、中野英雄さんの左後ろには、お相撲さんの姿も確認できました。関取の名前には詳しくないので、誰かまではわかりませんでしたが、お相撲さんも同じ格闘技のボクシングを観戦し、張り手などの参考にするのでしょうか?

日本ボクシング界は絶好調

今、日本の事務に所属する世界チャンピオンは10人います。その中には、WBA世界スーパーフライ級王者の内山高志選手のように10度の防衛に成功する長期政権を続けているチャンピオンもいます。WBC世界バンタム級王者の山中慎介選手も8度の防衛を続けています。

またWBA世界フライ級王者の井岡一翔選手のように3階級制覇のチャンピオンもいます。

今回、10代の田中恒成選手のように若いチャンピオンが誕生することで、刺激を受けて、さらに競争が激化する可能性を秘めています。世界に手が届く位置にいる選手や元チャンピオンで再起にかけている選手も数多く存在します。

かつて日本ボクシング界は、具志堅用高選手の活躍などで人気を誇りましたが、その後低迷し、日本人の世界王者が1人もいない不遇な時代が続いたこともあります。その時代を乗り越えて、今の隆盛があるのです。

田中恒成選手への期待

田中恒成選手は、10代の世界王者という若いチャンピオンになりました。この試合では、田中選手のスピードあふれるボクシングを披露してもらったと共に、仕留められるチャンスに仕留めきれないという欠点も明らかになりました。その結果、中盤で失速し、思わぬ苦戦をすることになったのです。

今後、長期政権を築くためには、チャンスで仕留めなければ、やられてしまいます。この課題は、早めに修正して欲しいものです。内山選手や、山中選手のように長期政権を築いているチャンピオンは、一撃必殺のパンチを持っているのです。

田中選手は、スピードのあるフットワークが魅力の選手です。KOにこだわらず、的確にパンチを当て、フットワークを生かしたアウトボクシングに徹すれば、十分に長期政権を築くことは可能だと思います。判定勝ちが多くなりがちのアウトボクシングは、なかなか人気が出ず、ファンから敬遠されがちです。また、若気の至りから、相手の挑発に乗り、インファイトに持ち込まれる場合もあるでしょう。しかし、是非、田中選手には、具志堅用高選手の持つ、日本人最多防衛記録に挑戦して欲しいと思います。

 - スポーツ

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Rich Moffitt
浅田真央選手、現役続行を視野に入れた練習を再開していることをブログで発表!

ソチオリンピック後の世界選手権を最後に、選手生活を休止していた女子フィギュアスケ …

By: walknboston
最強の鉄人、ハンマー投げの室伏広治選手が結婚を発表!お相手は12歳年下の一般人女性

ハンマー投げの室伏広治選手が所属するミズノを通じて、5月12日に婚姻届を提出した …

By: DaveMontPhotography
いよいよ全仏オープン開幕。錦織選手を優勝にあげるメディアが多いが…

いよいよ、明日24日に注目の全仏オープンが開幕します。注目の錦織選手は、海外メデ …

By: gmavrikas
神風吹くも奇跡起こらず。錦織選手、準々決勝でフルセットの末に敗退

全仏オープンの会場、ローランギャロスに神風が吹きました。準々決勝で、地元のツォン …

By: Roman Boed
82年ぶりの快挙!全仏オープンで錦織選手がストレート勝ちでベスト8進出

31日、テニスの4大大会の1つ、全仏オープンに出場中の錦織選手が、ガバシビリ選手 …

By: Edwin  Martinez
国枝選手、全仏オープン車イスの部シングルス、ダブルスの2冠達成

日本人テニスプレーヤーといえば、錦織選手が有名ですが、世界的に見れば国枝選手も同 …

By: CORE-Materials
全仏オープン、錦織選手に追い風。3回戦の相手が棄権で16強入りが確定。

テニスの4大大会の1つ、全仏オープンに出場中の錦織選手。2回戦では、世界ランク4 …

By: Ryosuke Yagi
遅すぎた発表?浅田真央選手が現役復帰の発表に世間は予想外の冷たい反応

現役続行への含みを持たせる発言をブログで行っていた女子フィギュアスケートの浅田真 …

By: Soft Surfaces Ltd
テニス全仏オープン開幕。注目の錦織選手は余裕の初戦突破

テニス4大大会の1つ、全仏オープンが24日に開幕しました。海外メディアから、優勝 …