フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

大学病院に変わって、完全にうつ状態に戻ってしまいました

      2015/07/16

眠気

心療内科に通っていた頃には、薬の数は多かったのですが、症状も落ち着いて、自分でできることも増えてきていました。自分でも、少しずつ、良くなっていると実感していたのです。

大学病院に代わってから、まだ1ヶ月経っていませんが、新しい環境への不安と急激な減薬もあって、朝、起きるのがツライ。エンジンがかかるのが15時くらいから。それまでは、ひたすら横になって耐える日々です。このまま大学病院で治療を続けて大丈夫なのかという不安もあります。だからといって、治療を投げ出す訳にもいかず、ひたすら大量服薬したことへの後悔の念で押しつぶされそうになっています。

スポンサードリンク

なぜ大量服薬したのか?

原因は、些細なことでした。心療内科へは、妻が毎回付き添いをしてくれていたのです。ですから、お薬手帳など必要なものは全て妻に任せていました。その日、妻はお薬手帳やその他必要な物を全部忘れて来たというのです。完璧主義者の自分にとって、それは許せないことでした。イライラ感がありながらも、何とか自制し心療内科での診察を受けました。

帰ってからも、イライラがどうしようもなく膨れ上がってきて、些細なことで妻とケンカになりました。妻は、そのまま家を出て買い物に行きました。私は、1人でやり場のないイライラで悶絶するような状態です。そんな時、目にしたのが、処方されたばかりの2週間分の薬でした。

それから先は、良く覚えていません。今にして思えば、よくあれだけの量をプチプチと取り出せたなと思ったりもします。

大学病院への転院

心療内科の先生は、冷静に「大量服薬を繰り返さないと約束したのに、それを破ったからにはもう診てあげられない」と私に告げました。そして、大学病院の紹介状を書いてくれたのです。

大学病院に行くと、過去の生い立ちから今までを細かくヒアリングされました。初診専門の先生が、こういったヒアリングを担当し、その後、担当の先生が決まる方針でした。今まで、心療内科で処方された薬についても詳しく聞かれましたが、ジェネリックの名前で覚えていたので、質問には答えられませんでした。ただ、今、処方されている薬は、明らかに多いので減薬する方向になるとだけ言われました。

減薬の反動

うつ病などでは、服用していた薬を自己判断で急にやめてはいけないとインターネットなどで見ていました。ですが、大学病院は徐々に量を減らす減薬ではなく、いきなり処方を打ち切る減薬をしてきました。減薬の対象になったのは、抗うつ剤と睡眠剤です。

大学病院も、2週間に1回の受診ペースだったのですが、減薬の反動は1週目で出てきました。夜、熟睡できず、イライラと自己嫌悪、「死にたい」という思いに終始悩まされる状態になったのです。

今までは、自宅で仕事もこなせていましたが、今は仕事どころではありません。うつ病の初期状態のように、午後までは体が重く、何も手に付かない状態が続いています。このブログも、心療内科に通っていた、調子のいい時に開設したものなのですが、今では、更新するのがやっとです。

1週間…

今週の金曜日になれば、大学病院での診察の日になります。しかし、それまでを考えると、何と長いことか。今の自分には、永遠に続く長さのように感じます。

また金曜日に大学病院に行っても、また減薬が待っているだけで、この状況を改善してくれるかは疑問です。今は、まだ大学病院の治療方針に対して不安感しかありません。心療内科に通っていた頃には、心療内科の診断を受ければ、自分の苦しい状況を何とかしてもらえるといった信頼関係のようなものがありました。自分が原因とはいえ、それだけ、信頼していた心療内科から拒絶されたことへの自己嫌悪もあります。今は、ひたすら負のサイクルが続いて行くように感じられます。

色々な人から、思っていることを書きだせば良いとアドバイスされ、このブログに書くことにしました。まだ開設したばかりですが、闘病記というカテゴリもあるので、最適だと思いました。

今がどん底の状態から、良くなる過程も書き込めればと思っています。更新は、毎日続けるつもりです。今は、とにかく金曜日まで…を目標に頑張りたいと思います。

 - 闘病生活

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Ian Sane
うつ病であることを隠して生きるのは、なかなか難しい

私の友人や元会社の同僚の中に、私がクローン病を患っていることを知っている人は沢山 …

alexramos10 / Pixabay
朝、起きられないのはうつ病の症状の可能性があります

最近、朝、起きられなくなってきました。元々、仕事柄から昼夜逆転の生活だったのです …

苦悩
うつ病の症状が悪化して、死にたい衝動が抑えられなくなりました

うつ病を発症し、長い間通院していた心療内科だったのですが、薬の大量服用をやってし …

セカンドオピニオン
医師との相性や治療方針が合わないと思ったら転院しましょう!

最近では、もう一般に普及してきたセカンドオピニオンという言葉ですが、いざ、自分で …

20150326
残業ほぼ無しのホワイト企業でWEBアプリ開発を行っていた男の転落人生

ブログを開設するにあたって、何を書こうか迷ったのですが、まずは自分のことをしっか …

By: Tony Alter
うつ病の悪化が原因か?睡眠障害で夜、眠れない毎日

うつ病の症状が安定しないために、色々と薬を調整してもらっていたのですが、ここ最近 …

By: Frédéric BISSON
入院のススメを断ったら、露骨に嫌な顔をされました…

先日、通院している大学病院での診察を受けてきました。主治医から、生活環境を変える …