フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

サッカー日本代表JALチャレンジカップ対ウズベキスタン戦

      2015/07/18

サッカーゴール

ハリルホジッチ監督が日本代表監督に就任して、新生ハリルJAPANの初戦は格上の強豪チュニジア相手に快勝でした。2戦目は、同じアジア地区のライバルとなるウズベキスタンが相手です。W杯予選でも激突する可能性がある相手だけに、絶対に負けられない試合でもあります。

初戦は、スタメンから主力メンバーを外して臨んだハリルホジッチ監督。2戦目は、大幅なスタメン変更の可能性があるだけに、目が離せません。

スポンサードリンク

スタメン発表

GKは川島がアジアカップ以来のスタメンとなります。

DFは、右から、内田、森重、昌子、酒井(高)。

MFは、今野、青山、香川。

FWは、本田、岡崎、乾。

チュニジア戦から、まさかのスタメンを全員入れ替えるというサプライズを見せてくれました。

ハリルホジッチ監督は、アルジェリアの代表監督時代にも、2チーム制を導入し、ハードワークを求める反面、連戦はさせないという方針を取った監督です。日本代表にも、2チーム制を導入するつもりなのでしょうか?

前半レポート

試合開始早々から、日本代表は前線から激しいプレッシャーをかけ、ウズベキスタンを押し込んでいく展開。そんな中、前半6分、コーナーキックをウズベキスタンのGKがパンチングでクリア。そのボールに先発起用の青山が見事なボレーで合わせて先制点!

その後も、日本代表のプレッシャーから、岡崎、香川らがウズベキスタンゴールに襲いかかるもゴールは奪えません。

ウズベキスタンも、フィジカルの強さと高さを活かして反撃開始。日本代表がスタミナ切れでプレッシャーが甘くなったところを、すかさず狙ってくるあたり侮れません。しかし、日本代表もGK川島を中心に相手の反撃を0に抑えて前半終了。

前半途中から、日本選手の足が止まりかけて、プレッシャーがかからなくなってきたのが後半、どう影響して来るかが気になります。

後半レポート

後半開始時に、日本代表は内田に替えて太田、今野に替えて水本を投入。水本は、アンカーの位置で相手のFWを抑える役目での交代。

後半9分、乾が切れ込んで、こぼれたボールを太田がセンタリング。岡崎が頭で合わせて2点目。

しかし、その後は、前半からの疲労もあって、プレッシャーがかからず、苦しい展開。ゴール前での反則で相手にフリーキックを与えてしまいます。特に後半30分を過ぎると、完全に相手のペースになっていきます。

ハリルホジッチ監督は、ここで香川に代わって柴崎、乾に代わって宇佐美を投入。この交代が試合を大きく左右することになります。

相手フリーキックからカウンターで抜け出した柴崎が、飛び出して来た相手キーパーの頭を抜くロングループシュートで3点目。

直後に、セットプレーから失点するも、宇佐美が個人技で抜け出して代表初ゴールとなる4点目。

試合の大勢が決まった中、本田に代わって大迫、岡崎に代わって川又を投入。その川又が、頭でダメ押しの5点目を入れて代表初ゴール。

アジアの強豪相手に、親善試合ながら5対1での完勝となりました。

感想

ハリルホジッチ監督の就任から短い期間での代表選出、親善試合となりましたが、実りの多いウズベキスタン戦となりました。ウズベキスタンとは、アジア最終予選で当たる可能性もあるので、大差で勝ったのは大きいです。

しかし、課題もあります。ハリルホジッチ監督が目指すハードなプレッシャーをかけ続けるサッカーを90分間、やり通せるスタミナが、まだ選手にはありません。前半途中からも、プレッシャーが緩くなるなど、まだ粗削りな部分は否めません。

若手とベテランの融合、ハリルホジッチ監督を中心としたチームの雰囲気は非常に良いと感じました。6月から始まるW杯予選では、日本相手に守りを固めてくる相手との試合が多くなるでしょう。そこで、戦術家のハリルホジッチ監督が、どのように采配を振るうのか、今から楽しみで仕方ありません。

 - サッカー, 日本代表

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Jason Gulledge
カナダW杯決勝、なでしこJAPAN対アメリカ。大敗で連覇の夢途絶える

カナダW杯の決勝戦。W杯連覇に王手をかけたなでしこJAPANの相手は、前回W杯決 …

By: Tsutomu Takasu
ハリルホジッチ監督、東アジア大会に臨む日本代表23名を寸評付きで発表

またしてもと言うべきでしょうか。これがハリルホジッチ監督流なのかもしれません。8 …

By: yoppy
ハリルJAPAN、なでしこJAPAN、東アジア大会のメンバー50人を発表

ハリルJAPAN、なでしこJAPANが東アジア大会の予備登録メンバー50人を発表 …

By: kpjessop
U-15サッカー日本代表、韓国遠征。注目の久保建英(くぼたけふさ)君もメンバー入り

U-15サッカー日本代表が、強化合宿のため5日から韓国遠征に出発する予定です。注 …

Jリーグへの要求
代表監督初!ハリルホジッチ監督、Jリーグへ5カ条の要望

4月14日にJ1、J2合同委員会が開催されました。その席に、日本代表監督としては …

By: Joel Solomon
なでしこJAPAN、カナダW杯準々決勝オーストラリア戦。終了直前に岩渕選手のゴールで勝利

W杯連覇を目指し、ここまで苦戦しつつも全勝で勝ち上がってきたなでしこJAPAN。 …

By: Jair Alcon
W杯直前。なでしこJAPAN、日本対イタリア戦

W杯カナダ大会直前、最後の試合となるなでしこJAPAN対イタリア戦が、28日、南 …

By: iMorpheus
ようこそ、ハリルホジッチ監督。これがアジアの戦いです

恐らく、ハリルホジッチ監督が一番、驚いているのではないでしょうか?16日のW杯ロ …

By: yoppy
ハリルJAPAN、負けられない東アジア大会の戦い!北朝鮮戦は悔しい逆転負け

国内組だけでの戦いとなるハリルJAPANの東アジア大会ですが、簡単に負ける訳には …

W杯アジア2次予選
W杯ロシア大会アジア2次予選!ハリルJAPANの対戦相手が決定!

先日の親善試合を連勝し、好調なスタートを切ったハリルJAPANですが、W杯予選で …