フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

マクドナルドの客離れが止まらない!マクドナルドは、もう立ち直れないのか?

      2015/07/16

日本マクドナルドホールディングスは、5月1日に今年1月から3月の決算を発表しました。商品への異物混入問題が大きく影響を及ぼし、売り上げが大幅に落ち込んだことから、最終的な損益が145億円の赤字となりました。この赤字額は、3ヶ月の決算としては、上場以来最悪の数字です。

マクドナルドについては、鶏肉の消費期限切れ問題や異物混入問題など、食の安全に配慮を欠いた事件などもあり、全世界的に売り上げが減少している傾向にあります。客離れの止まらないマクドナルドは、もう立ち直ることは出来ないのでしょうか?

スポンサードリンク

商品への異物混入問題

2015年1月7日に日本マクドナルドは、異物混入問題について記者会見を開きました。そこで明らかになった異物混入問題の経緯は以下の通りです。

福島県郡山市で販売したソフトクリーム「サンデーチョコレート」から見つかったプラスチックの破片は、店内でソフトクリームを作る機械の一部が欠けたものでした。食べた子供が、口の中に軽いケガを負ったそうです。

青森県三沢市で販売したチキンマックナゲットに入っていた青いビニール片らしき異物は、タイの工場で混入した可能性があり、専門機関で分析中とのことです。

東京都江東区で、チキンマックナゲットに混入していたビニール片らしき異物は、苦情を寄せた客から受け取ったものの店内で紛失。工場では、使用していない白っぽい物だったとして、製造過程で混入した可能性は低いとしています。

大阪府河内長野市のマックフライポテトから見つかった人の歯は、揚げられた跡がなく、どこで混入したか確認できないとしています。

他にも、京都府宮津市と沖縄県北谷町でも異物混入が報告されていますが、詳細を公表するかは検討中としています。

なぜ、マクドナルドから客が離れるのか?

日本マクドナルドでは、2014年7月にナゲットを製造していた中国食品加工会社が使用期限切れの鶏肉を使用していた問題が発覚しました。この事件は、マスコミでも大々的に取り上げられ、日本マクドナルドの売り上げは激減しました。

サラ・カサノバ社長以下、全従業員が一丸となって信用回復に努力している時期に異物混入問題が発覚。記者会見には、サラ・カサノバ社長は不在で、出席した担当役員の説明も要領を得ず、改めて、内部体制のずさんさを披露することになりました。

また競合他社の動きも影響を与えています。かつては、同じハンバーガーチェーンだけが競合でしたが、今では、コンビニで手軽に美味しいコーヒーが買えます。マクドナルドのハンバーガーを買える金額で、ピザや牛丼などを食べることもできます。マクドナルドを取り巻く環境が大きく変化していることも、客離れの一因になっていると言えるでしょう。

かつてのマクドナルド

かつて、日本マクドナルドは、藤田社長時代に効率化よりも「食の安全」を優先し、夜間、店を閉めた後には、専門のクリーニングスタッフが、機器を分解、洗浄して回るほどの徹底ぶりを見せました。従業員にも、モチベーションを高く維持するために、社員登用制度や、優秀な人材を表彰する制度などが充実していました。またフランチャイズ展開にも、のれん分け制度を導入し、徹底した品質管理を行うよう厳しく指導していました。

原田社長が就任すると、原田社長は藤田社長時代の重役を一掃し、独自路線を突き進み始めます。徹底した効率化を経営の柱とし、店舗の24時間営業など、食の安全を軽視した戦略を展開します。24時間営業では、当然、店舗内の機器の分解、洗浄などは行うことができません。それが、異物混入問題を引き起こす結果につながったと言えるでしょう。

これからのマクドナルドはどうなるのか?

サラ・カサノバ社長は、期限切れ鶏肉問題の発覚後の会見で「日本マクドナルドは、お客様に提供するお食事の品質と安全を最も大切にしています」と宣言しました。しかし、それに反するかのように異物混入問題が起き、サラ・カサノバ社長は記者会見の場に姿を現すことさえありませんでした。このように、表面上だけの「食の安全」は、すぐに見抜かれてしまいます。

かつての日本マクドナルドのように、全店、全従業員が一丸となって、「食の安全」について高い意識を持たなければ、今後も異物混入問題は続くと思います。当然、客離れも止まらず、日本マクドナルドの経営すら揺るがしかねません。

まとめ

藤田社長時代のマクドナルドは、ハンバーガーを日本に定着させるために、徹底した「食の安全」を実施しました。その結果、マクドナルドの名前は、日本中に広まり、店舗数も順調に伸びていきました。藤田社長は米国マクドナルドが進める効率化重視の戦略と対立しながら、日本での実績をあげていたのです。

それを良く思わない米国マクドナルド本社は、効率化重視の戦略を実施するために原田社長を日本へ送り込みます。これが、日本マクドナルドの転落の第一歩でした。

今、全世界でマクドナルド離れが起こっています。それは、全世界で展開した効率化重視の戦略の敗北とも言えることです。今後、米国マクドナルド本社が「食の安全」を重視した戦略に転換できるかがポイントになりそうです。

 - 時事ネタ

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: David
いよいよ世紀の対戦!ファイトマネー360億円以上のパッキャオVSメイウェザー

5月3日、アメリカのラスベガスでボクシング史上最大の対戦となるパッキャオ対メイウ …

By: Chris Breeze
イギリス王室、新プリンセスの名前を発表!注目の名前は「シャーロット」に決定!

5月3日にイギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃の間に生まれた新プリンセスの …

By: Brittany Stevens
芸人史上初の快挙。ピース又吉さんが芥川賞受賞

7月16日、第153回芥川賞、直木賞の選考会が行われ、芥川賞には芸人史上初となる …

By: Artur Bergman
茨城県南部で震度5弱。気になる首都大地震との関連性は?

25日の14時28分、埼玉県北部を震源とするマグニチュード5.5の地震が発生しま …

ヨーグリーナ
レモンジーナに続き、ヨーグリーナも品薄で出荷停止!これは新手の品薄商法か?

2015年4月14日にサントリー発売された清涼飲料「南アルプスの天然水&ヨーグリ …

ズーラシア
日本初!肉食獣のチーターと草食獣のシマウマなどを混合展示したよこはま動物園ズーラシアのサバンナエリアが公開!

大型連休が近づいてきて、そろそろ、どこに出かけるかを決め始める頃ではないでしょう …

By: jim212jim
大阪都構想の住民投票、反対多数で否決。橋本代表は任期満了で政界引退へ

橋本大阪市長が掲げる大阪都構想の是非を問う住民投票が17日、大阪市で実施されまし …

By: Karen Roe
イギリス、キャサリン妃に第2子となるプリンセスが誕生!

イギリス王室のキャサリン妃が、5月3日に第2子となる女の子を無事に出産しました。 …

By: www.GlynLowe.com
イギリス、エリザベス女王がひ孫となるシャーロット王女と初対面

5月2日にウィリアム王子とキャサリン妃の間に生まれたシャーロット王女と、イギリス …

By: U.S. Geological Survey
首都圏混乱!小笠原沖でマグニチュード8.5の巨大地震。首都大地震との関連は?

5月30日20時24分ごろ、小笠原諸島西方沖を震源とするマグニチュード8.5の巨 …