フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

いよいよGW突入!5月病にならないために注意すべきこと

      2015/07/16

5月病

いよいよGW突入です。連休は、どこかに出かけたり、普段できないことに挑戦したりして、連休を満喫するようにしてください。

普段、仕事で疲れているから、GWは「寝ダメ」をするなどと言っている人は、要注意です。そういう人ほど、5月病にかかる可能性が高いからです。

今回は、5月病について紹介するとともに、5月病にかかりやすいタイプや5月病を予防する対処法も合わせて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

5月病とは

5月病とは、新入社員や新入生が、新しい環境に適応できず、GW明け頃から倦怠感や虚脱感に悩まされる状態のことです。ストレス社会の現代では、新入社員だけでなく、異動などがあったベテラン社員も5月病にかかると言われています。

5月病は、正式な病名ではありません。正式に病名をつけるならば、適応障害や軽度のうつ病といった病名になるのではないでしょうか。

5月病の症状

  1. 何となく気分が落ち込む
  2. 疲れやすい
  3. やる気が起きない
  4. 何をするにも不安感がある
  5. 仕事や勉強に集中できない
  6. 眠れない
  7. 食欲がない

以前に紹介した、うつ病の初期症状に似ていることに気付いた方もいるのではないでしょうか。

実際、5月病は2ヶ月から3ヶ月で自然に治癒すると言われていますが、5月病からうつ病になる人もいます。5月病だからといって、油断せず、ちょっとでも様子がおかしいと思ったら、早く病院に相談してください。

5月病の原因とは

5月病は、新しい環境に馴染めず、知らず知らずのうちに蓄積したストレスが原因で発症すると言われています。そのため、4月から新生活を始めた新入社員や新入生、人事異動などで環境が変わった人などは要注意です。

かつて5月病は、新人が一人前になるための通過儀礼のようなものと軽く考えられてきました。そのため、夏の前には自然治癒するのが一般的とされ、大騒ぎするほどではないと考える人も、未だに多く存在します。

しかし、ストレス社会の現代では、5月病がきっかけでうつ病になり、社会生活が行えなくなるケースなども増えてきています。5月病だと油断せずに、キチンと対処することが必要なのです。

5月病になりやすいタイプの人とは

  • 真面目な人
  • 責任感が強い人
  • 忍耐力のある人
  • 融通が利かない人
  • 内向的な性格の人
  • 完璧主義な人
  • 気配り、気遣いのできる人

5月病になりやすいタイプの人も、うつ病になりやすいタイプの人と共通点が多いと言えます。

「真面目で責任感が強く気配り、気遣いができる人」などは、新入社員や新入生としては、期待され、上司や先輩から可愛がられるタイプでもあります。しかし、その陰で、ストレスを溜め込んでしまい、5月病になるケースがあります。

逆に、模範とはならない「不真面目で責任感もなく、気配り、気遣いなどはしない人」ほど、5月病とは無縁の生活を送っていたりするのです。

5月病の対処法

コミュニケーションでストレス解消をする

職場の同僚や友人、家族とのコミュニケーションは、ストレス解消に効果を発揮します。特に、会社や学校での不満を正直に打ち明けられる環境は大事です。

栄養バランスのとれた食生活を送る

5月病やうつ病の原因は、脳内のセロトニンという感情をコントロールするホルモンが不足することで発症します。そのため、セロトニン不足を補うため、バナナや乳製品、大豆製品などを摂取すると良いでしょう。

質の高い睡眠をとる

質の高い睡眠をとるためには、規則正しい生活を送り、毎日、同じ時間に寝て、同じ時間に起きることが重要になってきます。GWに「寝ダメをする」など、普段と異なる生活をしてしまうと、生活サイクルを乱し、5月病の原因にもなります。

メリハリのある生活を送る

休みの日まで仕事のことを考えるような、メリハリのない生活は要注意です。休みの日は、仕事のことを忘れて、趣味に没頭するくらいが丁度いいのです。体を動かしたり、読書をしたり、好きなことを思い切り楽しみましょう。

5月病かなと思ったら

それでも、5月病かなと思った人は、無理をせず、すぐに精神科を受診してみてください。「そのうち治るだろう」という考え方が、5月病を悪化させる一番の要因です。

5月病は、うつ病と同じく早期治療を行えば、全く問題なく完治します。うつ病になる前に、適切な診察を受けることが肝心です。

まとめ

ストレスの多い現代社会では、「5月病は若者が一人前になる通過儀礼」などと悠長なことは言っていられない問題です。ここで対処を間違えれば、うつ病などの精神疾患にかかってしまい、社会生活を営むことが困難になることさえあるのです。

新入社員や新入生の方も、GWの過ごし方で5月病にかかるか、回避できるかが決まってくることを意識して、GWを過ごすようにしてください。連休は、思い切りエンジョイするくらいの気持ちで過ごせばいいのです。仕事や勉強のことは忘れて、思い切り楽しんでください。

 - メンタルケア

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

SNS
注意!FacebookなどのSNSがうつ病の原因になる可能性がある!

FacebookやLINE、TwitterなどのSNSは、今や生活に欠かせないサ …

うつ病
本当に怖い!うつ病の重症化と自殺衝動の関係

今では、社会人の4人に1人の割合で、うつ病の人がいると言われています。しかし、そ …

精神科
5月病対策に必見!心療内科、精神科、神経内科の違いとは?

ゴールデンウィークが明ける頃には、仕事に慣れてきた新入社員が燃え尽き症候群になっ …

By: Jayel Aheram
このサインを見逃すな!うつ病の初期症状10のサイン

以前は、ガン、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病が4大疾病と言われていました。しかし、 …

20150328
こんな人が危ない!4人に1人がうつ病と言われる今、うつ病にかかりやすい8つの性格

ストレスの多い現代では、4人に1人がうつ病にかかっていると言われています。その中 …

20150402
要注意!春先は、うつ病の発症率が最も高い季節!

春といえば、長く寒かった冬からようやく脱し、暖かい日が続く過ごしやすい季節です。 …

20150330
本当に怖い!4人に1人が患う「うつ病」の思考と自己嫌悪の悪循環

私は、クローン病で腸からの栄養を上手に吸収できず、それが原因でうつ病になりました …