フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

新型iPod touch、iPod nano、iPod shuffle登場。捨てられないApple社の悪癖

   

噂されていた新型iPod touch、iPod nano、iPod shuffleが、ついに登場しました。特にiPod touchは、内蔵チップがA5チップからA8チップへとパワーアップ。動作が高速になり、バッテリーも長持ちすることになります。

これらApple社の新製品が出るのは良いのですが、開発した製品を切り捨てられない、Apple社の悪い癖が気になります。かつてApple社は、故スティーブ・ジョブズ氏を会社から追い出し、様々な種類のパソコンを販売し続けました。しかし、どのモデルも一長一短でユーザー受けせず、Apple社の業績は見る見る悪化していったのです。

スポンサードリンク

新型iPod touch、iPod nano、iPod shuffle登場

Apple社としては、「Apple Music」のサービスも始まったことですし、新型iPod touch、iPod nano、iPod shuffleで「Apple Music」を盛り上げていこうといった感じなのかもしれません。確かに、新型iPod touchは、内蔵チップがA5チップからA8チップにパワーアップし、動作が高速化し、バッテリーの持ちも良くなっています。もちろん、iOS8を搭載しているので、「Apple Music」も楽しむことができます。

しかし、新型iPod nanoと新型iPod shuffleはiOSを搭載していないので、「Apple Music」は使用できません。「Apple Music」には、ストリーミング再生とオフライン再生があるのですが、ストリーミング再生ができないのは当然として、オフライン再生ができないのは問題だと思います。何のために新型iPod nano、iPod shuffleを登場させたのか理解に苦しみます。

捨てられないApple社の悪癖

Apple社は、どうも自社製品の販売を打ち切るのが苦手のようです。かつて、故スティーブ・ジョブズ氏を会社から追い出した時もそうでした。Macintoshという名前を冠したパソコンを次々と発表するものの、どれも一長一短でユーザーを混乱させる原因になったのです。そして、Apple社の業績は、ドンドン下降していきました。

Apple社が最後に望みを託したのが、追い出した故スティーブ・ジョブズ氏です。ジョブズ氏がApple社に復帰すると、多岐に渡っていたMacintoshシリーズをひとまとめにし、斬新なデザインで話題となった「iMac」を発表します。ここから、Apple社の奇跡の復活が始まったのです。

しかし、ジョブズ氏はもういません。今回の新型iPod nano、iPod shuffleは、本当に必要だったのか、頭をひねりたくなります。ジョブズ氏であったなら、バッサリと販売を打ち切っていたのではないかと思うのです。

この傾向は、Apple社のタブレット端末、iPadにも言えることです。現在、販売されているのは、iPad Air、iPad Air2、iPad mini2、iPad mini3の4モデルです。iPad miniに関しては、年内で発売中止ではないかとの噂が流れました。iPhone6Plusとユーザーが被ってしまうことが原因といわれています。しかし、Apple社はiPad miniの販売を打ち切ることができないのではないかと思っています。Apple社は、自社製品の販売を打ち切れない悪癖があるのです。

Apple Musicもいまひとつ…

多くのユーザーに期待されてのスタートとなった「Apple Music」ですが、私は満足していません。まずアプリが使いにくいです。デザインやUIにはこだわりを持つのがApple社の社風だったはずです。直感的に使いやす物を作るから、Apple社は多くのファンを得ることができたのです。しかし、「Apple Music」に関しては、それを感じることができません。

従来からあるダウンロード型音楽配信サービスの「iTunes Store」との使い分けも、いまひとつわかりにくく、多くのユーザーを混乱させる原因になっています。そのため、Apple社のサービスとしては珍しく「Apple Music」の使い方を紹介するブログなどが多く立ち上がっています。ストリーミング型音楽配信サービスとしては、後発組となる「Apple Music」が、これほどまでに使い勝手が悪いなんて、ジョブズ氏が健在だったなら考えられないことなのです。

切り捨てなくてはならない

Apple社の経営方針としては、「Apple Music」を経営の柱として育てたい意向があるのだと思います。そうであれば、新型iPod nano、iPod shuffleは、もう必要ないはずです。これを切り捨てられなくては、他の製品も切り捨てられないでしょう。

iPad miniシリーズとiPhone6Plusは、どちらかに集中するべきです。Galaxy Noteに代表されるファブレットとしての位置づけに、2つのモデルは多すぎます。共倒れになる危険性すら持っているのです。元々、ファブレットの市場規模は、それほど多くありません。多くのユーザーは、スマートフォンとタブレット端末の併用で満足しているのです。

Apple社は、不要な物は切り捨てるという決断ができるのでしょうか?秋に発売が噂される新型iPhoneのラインナップと新型iPadのラインナップを見れば、どういう結果になったのか一目瞭然になるでしょう。

 - Apple, IT

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Andreas Kambanis
熱狂も一息。そろそろApple Watchを買ったことを後悔している人もいるのではないですか?

Apple Watchが発売された直後には、Apple Watchの開封の儀の様 …

Crowd
在宅ワーカー必見!2大クラウドソーシングサイト、クラウドワークスとランサーズについて!

2014年はクラウドソーシング事業を行う業者にとって、節目となる1年だったのでは …

funding
学生起業家必見!インターネット上で資金を調達できるクラウドファンディング!

最近では、ベンチャー企業の多くが学生起業家によって立ち上げられているという空前の …

By: Maria Elena
乗っ取られたFacebookアカウントを取り戻せ。妻と私の12日間戦争

妻のFacebookアカウントが乗っ取られた話は、以前に少し触れたと思います。 …

By: Amit Agarwal
Apple社の新サービス「Apple Music」はデータ転送量がカギ

7月1日から、公開されたApple社の新サービス「Apple Music」。「N …

By: Sonny Abesamis
全世界注目のウェアラブル端末、Apple Watchがついに発売開始!こんな人こそ買うべき!

本日、4月24日に全世界が注目するApple社のウェアラブル端末「Apple W …

By: Annie Bananie Angel soon
心躍らぬWWDCは、Apple社の凋落の始まりの兆しか?

Apple社の開発者向けのイベント、WWDCが日本時間の9日午前2時からスタート …

By: Public.Resource.Org
ブックカバーをこよなく愛す男kojikojiから、amazonへの要望

書店で本を買うと、必ずといって良いほどついてくるのがブックカバーです。私は、この …

Ring zero
「Apple Watch」よりも可能性を感じるウェアラブル端末「Ring」の新作「Ring zero」が発売されました!

世間では、いまだに「Apple Watch」の騒動が続いています。とは言っても、 …

By: Andreas Kambanis
Apple Watchは売れていない。ついに、はがれ落ちた仮面…

このブログでは、Apple Watchについては、折に触れ否定的、懐疑的スタンス …