フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

画像版Gmailと高評価。Googleが提供するGoogle Photosが圧倒的にスゴイ

      2015/07/18

5月28日、29日にアメリカで開催されたGoogle I/O。そこで発表された数々の新機能は、多くのGoogle愛好家や開発者たちを熱狂させました。

その中でも、Gmail以来の衝撃と高評価されているのが、Google Photosです。元々はGoogleが提供するSNS、Google+の中の1機能でしたが、それを分離して、1つのサービスとして無料で提供することになったのです。今回は、Google Photosの圧倒的にスゴイ点を紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Google Photosになるまでの紆余曲折

Google Photosは、当初、Picasaの名前で画像共有サービスとしてスタートしました。その後、Googleの提供するSNS、Google+に統合され、Google+の1機能として位置づけられました。この時、多くのユーザーがPicasaとGoogle+の写真機能とで混乱する結果になったのです。

そして今回、GoogleはGoogle+での写真機能を独立させ、Google Photosとして提供することを発表したのです。Google+で写真機能のヘビーユーザーは、しばらくの間、混乱してしまうかもしれません。しかし、今回は、元の形(Picasaの状態)に戻っただけなので、そんなに多くの混乱はないと思います。

Google Photosの保存容量

まず世界を震撼させたのが、1600万画素までの写真であれば、無制限にアップロードできるという点です。Yahoo傘下の有名な画像ストレージサービスのFlickrでさえ1テラバイトまでと上限が決まっています。1テラバイトでも、十分な容量といえますが、無制限というのはインパクト大です。

ちなみに、1600万画素とはファイルサイズにして4592×3448まであたりということになります。iPhone6のカメラの画素数でも800万画素なので、十分な機能と言えるでしょう。

もし1600万画素を超える写真をアップしても、1600万画素に自動的に縮小して保存してくれるので、今後、スマートフォンのカメラ機能が向上しても安心です。自動的に縮小してくれるので、実質的には、一生、容量無制限といえます。

Google Photosの自動バックアップ機能

Android端末やiPhone、iPad用には、専用アプリ「Googleフォト」が無料公開されています。これにより、スマートフォンやタブレット端末で撮影された画像が、自動的にGoogle Photosにバックアップされることになります。

PC用には「Google Photos Backup」が、こちらも無料公開されていて、デジカメやデジタル一眼レフ、USBメモリなどをPCに接続すると、自動的に画像ファイルをバックアップしてくれるようになっています。

Google Photosの画像編集機能

Google Photosでは、アップロードした画像の簡単な編集機能が提供されています。提供されているものは、「基本的な補正」と「フィルター機能」と「トリミング機能」です。必要最低限のものは揃っている感じがします。

「基本的な補正」は、「自動調整」から、「明るい」「色」「ポップ」「周辺減光」がスライドバーで調整できるようになっています。

「フィルター機能」は、今のところ14種類提供されていますが、今後、増えて行く可能性があります。

「トリミング機能」では、「角度補正」と「トリミング」ができるようになっています。

Google Photosの自動タグ付機能

Google Photosのもう1つの目玉が、自動タグ付機能です。スマートフォンやデジカメから大量の画像を自動でバックアップするため、それらの写真を、1枚ずつタグ付したり、振り分けたりするのは大変な労力です。

Google Photosでは、その作業を軽減するために、自動タグ付機能が用意されています。写真に写っているものを自動判別したり、写真に添付されている位置情報を取得したりして、「物」や「場所」で自動的に振り分けしてくれるのです。写真に写っているものを自動判別する機能については、まだまだ完璧とは言えませんが、今後、多くの人が利用することで、Googleの得意分野でもある機械学習で、どんどん賢くなっていってくれることでしょう。

Google Photosのストーリー機能

Google Photosでは、写真に添付されている日時や位置情報を取得して、自動的に旅行のストーリーを完成させてくれます。「〇〇年〇月〇日ドコソコ」といった感じで、タイトルを自動生成し、その中に関連する写真をひとまとめにして、ストーリーを完成してくれるのです。また移動した位置関係などを地図上に表示したりできます。日付をまたがっても、キチンと「旅行2日目」と認識してくれるところが、とても賢くて驚かされます。

もし自動生成されたのが気に入らなかったり、不要な写真が入ったりしていたら、再生成や、写真の削除を行うことも可能です。

Google Photosの自動動画生成

Google Photosでは、関連の写真を集めて1つのムービーを自動生成してくれます。動画をアップロードしておけば、その動画も合成されるという優れものです。

連続写真などをアップロードしておけば、パラパラアニメのような、画像を簡単に作成することが可能になっています。画像編集ツールなどで編集した写真を織り交ぜることで、面白ムービーなども簡単に作成できるのも魅力的です。

Google Photosに老後の楽しみを奪われた

私は、Picasaの時代から、娘の写真や家族の写真などをアップロードしてきました。できるだけ、その都度、アルバムにまとめるようにしていましたが、ムービー作成などは、老後の楽しみに取っておこうと思っていました。それが、今回のGoogle Photosに奪われてしまいました。

しかし、悔しさはありません。それほどまでに、Google Photosに感動しているのです。事実上無制限のアップロード容量は、今後の我が家の家族写真を一手に引き受けてくれることを保証してくれています。便利な自動振り分け機能や、ストーリー生成機能のおかげで、家族の思い出をみんなでワイワイ見ることができるようになっています。

しかも、まだGoogle Photosは誕生したばかりなのです。今後、Gmailのように様々な機能が試験的に導入され、利便性はドンドンと向上していくことでしょう。もうApple社のiCloudやYahoo傘下のFlickrなどは必要なくなるのです。これだけ揃って、無料で無制限なGoogle Photosを利用しないなんて有り得ません。

 - IT, WEBサービス

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: marek.sotak
TwitterのDMの文字数制限が140文字から1万文字に拡大されます

TwitterのDMの文字数制限が、140文字から10000文字まで拡大すること …

By: squirrel83
GWから始める!今さら聞けないIngress超入門!

GWの連休には、色々とお出かけする計画を立てていることでしょう。そのお出かけ先で …

By: Public.Resource.Org
ブックカバーをこよなく愛す男kojikojiから、amazonへの要望

書店で本を買うと、必ずといって良いほどついてくるのがブックカバーです。私は、この …

By: Sonny Abesamis
全世界注目のウェアラブル端末、Apple Watchがついに発売開始!こんな人こそ買うべき!

本日、4月24日に全世界が注目するApple社のウェアラブル端末「Apple W …

By: Sean MacEntee
使用しなくなったSNSアカウントは、退会するか削除するようにしましょう

妻のFacebookアカウントが乗っ取られました。正確に言えば、ずいぶん前から乗 …

By: Dan Taylor
新型MacBookは未来に繋がらないし、iPadAir2の上位互換でもない-GIZMODOの記事への異論

新型MacBookが発売開始になりましたが、Apple Watchの勢いに押され …

funding
学生起業家必見!インターネット上で資金を調達できるクラウドファンディング!

最近では、ベンチャー企業の多くが学生起業家によって立ち上げられているという空前の …

By: Yeray Hdez Guerra
iPhoneの不振でApple社の株価急落。時価総額約4兆円が吹き飛ぶ

Apple社は、4月から6月の第3四半期の販売実績を発表しました。収益の柱である …

By: Amit Agarwal
Apple社の新サービス「Apple Music」はデータ転送量がカギ

7月1日から、公開されたApple社の新サービス「Apple Music」。「N …

By: Simon Yeo
話題の格安SIM、こんな人こそ向いている、こんな人は向いていない

スマートフォンのSIMロックフリーが義務付けられ、大手キャリアから格安SIMに移 …