フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

Apple Watchは売れていない。ついに、はがれ落ちた仮面…

      2015/07/18

このブログでは、Apple Watchについては、折に触れ否定的、懐疑的スタンスを取ってきました。

ただ、それを裏付ける決定的な資料もなかったため、ただのアンチだと思われていたようです。しかし、Apple信者として有名なGIZMODEの記事にも、とうとうApple Watchの失速ぶりが報じられるようになってきたのです。

GIZMODEは、かなりApple寄りのスタンスをとるメディアですので、今回の記事も、かなりやんわりとした表現になっていますが、示されたグラフは、見事なまでの失速ぶりを表しています。

スポンサードリンク

示されたグラフ

GIZMODEの記事で示されたグラフは、調査会社のSlice Intelligenceのものだそうです。この会社が、どのように調査した結果のグラフなのかは明らかになっていません。そのため、事実と異なる可能性があることは否定できません。

このグラフを見ると、6月に入ると見事なまでに右肩下がりになっていることが伺われます。GIZMODEの記事でも、6月のApple Watchの売り上げが大きく落ち込んでいるとしています。しかし、それより気になるのが、グラフの左端、予約販売開始からの急降下ぶりです。大きく落ち込んで、少し戻していますが、見事なまでの失速ぶりは、Apple Watchの失敗を物語っているに他なりません。

Apple Watchは、やはり祭りだった

Apple Watchの発売は、やはり一過性のお祭りだったのではないでしょうか?

Apple社も、このような結果になることは、ある程度、予測していたのではないでしょうか。それが、店頭に行列させない予約販売のみという販売方針にさせたのだと思います。店頭に行列されてしまっては、お祭りの熱が冷めるのが、目に見えてわかってしまいます。そうさせないために、策を講じた結果が予約での販売だったのです。

予約販売の功罪

Apple Watchの販売を予約販売にしたことで、世間はApple社に対して踏み絵をさせられることになりました。熱狂的なApple信者は、未発表のApple Watchという端末を妄信し、喜んで踏み絵を踏んで予約しました。その数が、今回のグラフで表された左端の数字です。Apple社の販売するものに間違いはないという熱狂的な信者が、まだあれだけの数、存在しているのです。

一方で、踏み絵を躊躇するApple信者も出てきました。Apple Watchという新しいデバイスを信じ切れず、様子見を決め込んだ人たちです。この人たちは、Apple Watchが発売され、熱狂的な信者たちからのレビューを待って、購入するかどうかを検討しようと考えたのでしょう。彼らは、故スティーブ・ジョブズ氏のカリスマ性には惹かれたものの、今のApple社の方針に懐疑的になりつつある層です。Apple Watchの販売にも浮かれることなく、冷静に世間の評価を見極めようとしたのです。その結果、購入することになったのか、購入しなかったのかは、グラフが如実に示しています。

Apple Watchの売れ行きを懸念して予約販売に限定したがために、熱狂的なApple信者とそうでない信者に自覚させてしまうという皮肉な結果になったといえるでしょう。

カリスマはもういない…

Apple社には、故スティーブ・ジョブズ氏のように次々と魅力的な製品を生み出すカリスマは、もういません。もし、ジョブズ氏が健在であったなら、Apple Watchは世に出ていたでしょうか?

これは、Apple Watchに限ったことではありません。Apple社が7月1日から開始したストリーミング型音楽配信サービス「Apple Music」についても同じことが言えます。ジョブズ氏が健在だったなら、Apple Musicというただ他社を追随するだけのストリーミング型音楽配信サービスを公開したでしょうか?ジョブズ氏であれば、もっと先を見据えたサービスとして公開していたのではないかと思うのです。

しかし、ジョブズ氏がいないことを嘆いても仕方がありません。かつてジョブズ氏を追放し、Apple社の名声は地に落ちました。どん底の状態で、助けを求めたのがジョブズ氏でした。今回は、Apple社の名声が地に落ちようとも、助けを求められるジョブズ氏は、もう、この世にいないのです。

Apple社は過ちを繰り返すのか?

Apple社のCEOティム・クック氏が一番恐れているのが、過去の悪夢を繰り返すことです。そのために、Apple社は全社をあげてジョブズ氏の残した遺産を超える作品を生み出すために闘っています。残念ながら、今のところは、新しく魅力的な商品が生み出されそうな気配はありません。

Apple Watchの踏み絵でハッキリしたように、かつてApple社を妄信していた信者たちも、少しずつ心が離れつつあります。この秋に発売されると噂されている新しいiPhoneが、ただ大きくなっただけの製品であれば、Apple社離れをより加速させることでしょう。そうやって、Apple社は、過去に地に落ちて行ったのです。

あの時、Apple社のメインはパソコン販売でした。色々なモデルのパソコンを販売しては、ユーザーに受け入れられず、業績は下降の一途でした。iPhoneに色々なモデルが登場し始めた頃、あの頃のApple社の姿が私の頭をよぎりました。Apple Watchの多彩なモデル販売で、それが確信に変わったのです。今のApple社は、ユーザーが求めているものを理解していません。そのため、欲しいものをユーザーに選んでもらえるよう、バリエーションを揃えるようになってきているのです。

ユーザーの求めるApple社の製品とは?

故スティーブ・ジョブズ氏は、まるで未来を見通せる能力でもあるかのように、魅力的で未来を感じさせる商品を次々に生み出しました。それだけに、多くのApple信者は、ジョブズ氏の影を追うように、魅力的で未来を感じさせる商品を求めてやまないのです。

Apple WatchもApple Musicも、普通の会社であれば、上出来の製品だと思います。しかし、Apple社の商品となると、それだけでは許されないのです。Apple社のユーザーは、ジョブズ氏の頃のように魅力的で未来を感じさせる商品を渇望しているのです。この足かせは、Apple社にとって非常に重い足かせです。ジョブズ氏のような製品を生み出せる能力を持った人材は、世界中探しても存在しない可能性が高いからです。

今後、Apple社は徐々にジョブズ氏の信者を切り捨てながら、新しい顧客を獲得していく方向にシフトするのではないかと思います。そうしなければ、過去の過ちを繰り返すことになるからです。今のApple社は、Apple Watchでも明らかなように、どこか的を外した製品しか生み出せない会社になってしまったのです。Apple社の求めるユーザーは、そんな商品でもありがたがって買ってくれるユーザーなのです。

恐らく、この秋に発売予定と噂されている新型iPhoneも、iPhone6の機能を大きく上回るような魅力的な製品にはならないでしょう。Apple社自身、限界を感じているのだと思います。今後は、ジョブズ氏の影を払しょくするためにApple Phoneと名前自体を変えてしまうかもしれません。そうなった時こそが、ジョブズ氏を妄信して今のApple社についてきている信者の目が覚める時ではないでしょうか。

 - Apple Watch, IT

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Dan Taylor
新型MacBookは未来に繋がらないし、iPadAir2の上位互換でもない-GIZMODOの記事への異論

新型MacBookが発売開始になりましたが、Apple Watchの勢いに押され …

By: dacian dorca-street photographie
6秒間の面白動画が簡単に作れるアプリ「Vine」がアツい!アクセス数100万回以上の名人も登場中

「Vine」というアプリをご存じでしょうか?6秒のショート動画が撮れるアプリなの …

Crowd
在宅ワーカー必見!2大クラウドソーシングサイト、クラウドワークスとランサーズについて!

2014年はクラウドソーシング事業を行う業者にとって、節目となる1年だったのでは …

By: Andreas Kambanis
熱狂も一息。そろそろApple Watchを買ったことを後悔している人もいるのではないですか?

Apple Watchが発売された直後には、Apple Watchの開封の儀の様 …

By: Yeray Hdez Guerra
iPhoneの不振でApple社の株価急落。時価総額約4兆円が吹き飛ぶ

Apple社は、4月から6月の第3四半期の販売実績を発表しました。収益の柱である …

By: Sean MacEntee
生活を一新するか?ただの駄作か?Apple Watchがついに予約開始!

Apple社が発表した注目のウェアラブル端末、Apple Watchがついに4月 …

funding
学生起業家必見!インターネット上で資金を調達できるクラウドファンディング!

最近では、ベンチャー企業の多くが学生起業家によって立ち上げられているという空前の …

By: marek.sotak
TwitterのDMの文字数制限が140文字から1万文字に拡大されます

TwitterのDMの文字数制限が、140文字から10000文字まで拡大すること …

Ring zero
「Apple Watch」よりも可能性を感じるウェアラブル端末「Ring」の新作「Ring zero」が発売されました!

世間では、いまだに「Apple Watch」の騒動が続いています。とは言っても、 …

By: Public.Resource.Org
ブックカバーをこよなく愛す男kojikojiから、amazonへの要望

書店で本を買うと、必ずといって良いほどついてくるのがブックカバーです。私は、この …