フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

Apple社の新サービス「Apple Music」はデータ転送量がカギ

      2015/07/18

7月1日から、公開されたApple社の新サービス「Apple Music」。「No Music No Life」を掲げる人たちには、大歓迎されました。月額980円で全世界約3000万曲とも言われる膨大な楽曲数から、注目を集めていますが、有効に利用するにはデータ転送量がカギになりそうです。

データ転送量については、年々、増加の一途を辿っていて、大手キャリアでも一定量を超えると制限を加えるといった対応を取っている所もあります。「Apple Music」のようなストリーミング型の音楽配信サービスが大流行することになれば、ますますデータ転送量に対する制限がシビアになりそうな気がします。

スポンサードリンク

Apple Musicとは?

Apple社が展開する、新たな音楽提供サービスです。Apple社は2003年に発表した「iTunes Music Store」のダウンロード型音楽配信サービスから、近年、主流になりつつあるストリーミング型の音楽配信サービスへの転換を図る意図があるようです。

ストリーミング型音楽配信サービスとしては、コミュニケーションアプリの「LINE」が展開する「LINE Music」や「AWA Music」などがあります。

どのサービスも、月額1000円程度の価格設定ですが、「Apple Music」も月額980円と価格面では驚きはありませんでした。

配信楽曲数は、全世界で約3000万曲と多く、他のサービスと比べても突出しています。

「Apple Music」には、ストリーミング型音楽配信サービスの「Apple Music」の他、インターネットラジオの「Apple Music Radio」やアーティストの最新情報を紹介する「Apple Music Connect」があります。

「Apple Music」は新しい音楽の可能性を開くのか?

「Apple Music」に関しては、公開前に歌手のテイラー・スウィフトさんと楽曲使用料を巡ってトラブルになっています。


「iTunes Music Store」の時もそうでしたが、こうした新しい音楽配信の仕組みがリリースされる時には、必ずトラブルが起きるものです。従来のレーベルとアーティストが築き上げた関係から移行が必要となるため、どうしてもトラブルが避けられないのです。

では、「Apple Music」は新しい音楽の可能性を開くのでしょうか?これに関しては、まだまだ肯定的に受け止めることはできません。新しい音楽提供のプラットフォームとしては魅力的ですが、それに伴う環境が、まだ十分とは言えない状況なのです。

ストリーミング型音楽配信サービスは、データ転送が発生します。「Apple Music」では、30分で20MB。1時間で40MB程度と言われています。1日24時間、聞き続けると約1GBのデータ通信量になります。国内大手キャリアでも、ソフトバンクのホワイトプランであれば通信料が制限されてしまいます。auも3日で3GBを超えると制限がかかると言われています。Docomoだけが、国内大手キャリアの中で、データ通信量に制限を設けていません。

邦楽ファンからは失望の声

「Apple Music」の利用者の中でも、邦楽ファンからは「邦楽のラインナップが少ない」と失望の声があがっています。「Apple Music」の掲げる全世界約3000万曲の中に、邦楽の楽曲はまだまだ少ないのです。これは、日本の音楽配信に対するガラパゴス化した構造も問題の一因になっています。

これは、同じストリーミング型音楽配信サービスの「LINE Music」や「AWA Music」にも言えることです。まだまだ提供される楽曲は、欧米の楽曲が中心なのです。

音楽が溢れる街が懐かしい

かつて日本では、街中に音楽が溢れかえっていました。個人商店の店先で、聞いた音楽が気になって、必死で題名を探したりしたものです。お気に入りの曲が、テレビから流れると、テープに録音し、必死に覚えたものでした。

しかし、日本ではJASRACが音楽著作権を厳格に適用し始め、街から音楽が消えました。街で音楽を耳にすることがなくなると、音楽接する機会が減り、やがてCD販売にも影響を及ぼすようになりました。

時を同じくして、Apple社の音楽ダウンロード販売サービス「iTunes Music Store」がブームになり、ますますCDセールスは落ち込んでいったのです。

今回、「Apple Music」をはじめとする、新しい音楽配信サービスが普及したとしても、街から消えた音楽は戻ってこないでしょう。今や、音楽は個人がヒッソリと楽しむものになってしまったのです。昔のように、街に流れる音楽に、みんなが耳を傾ける時代は、二度と訪れないのかもしれません。

 - IT, WEBサービス

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Yeray Hdez Guerra
iPhoneの不振でApple社の株価急落。時価総額約4兆円が吹き飛ぶ

Apple社は、4月から6月の第3四半期の販売実績を発表しました。収益の柱である …

By: Simon Yeo
話題の格安SIM、こんな人こそ向いている、こんな人は向いていない

スマートフォンのSIMロックフリーが義務付けられ、大手キャリアから格安SIMに移 …

By: Maria Elena
乗っ取られたFacebookアカウントを取り戻せ。妻と私の12日間戦争

妻のFacebookアカウントが乗っ取られた話は、以前に少し触れたと思います。 …

Crowd
在宅ワーカー必見!2大クラウドソーシングサイト、クラウドワークスとランサーズについて!

2014年はクラウドソーシング事業を行う業者にとって、節目となる1年だったのでは …

By: dacian dorca-street photographie
6秒間の面白動画が簡単に作れるアプリ「Vine」がアツい!アクセス数100万回以上の名人も登場中

「Vine」というアプリをご存じでしょうか?6秒のショート動画が撮れるアプリなの …

By: Sonny Abesamis
全世界注目のウェアラブル端末、Apple Watchがついに発売開始!こんな人こそ買うべき!

本日、4月24日に全世界が注目するApple社のウェアラブル端末「Apple W …

By: Maurizio Pesce
今さら聞けない、SIMロック解除、SIMフリー、格安SIMについて

ここ最近、「SIMロック解除」や「SIMフリー」「格安SIM」というワードを耳に …

By: Andreas Kambanis
Apple Watchは売れていない。ついに、はがれ落ちた仮面…

このブログでは、Apple Watchについては、折に触れ否定的、懐疑的スタンス …

By: Sean MacEntee
使用しなくなったSNSアカウントは、退会するか削除するようにしましょう

妻のFacebookアカウントが乗っ取られました。正確に言えば、ずいぶん前から乗 …

By: Andrew Perry
はじめしゃちょーという生き方

はじめしゃちょーと言う人をご存じでしょうか?私は、GoogleのテレビCMで見る …