フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

入院のススメを断ったら、露骨に嫌な顔をされました…

   

先日、通院している大学病院での診察を受けてきました。主治医から、生活環境を変えるために入院してみてはどうかと以前から勧められていました。私も早く良くなりたいという思いから、家族と相談して、しばらく入院しようかと決断して診察に臨みました。

一通りの診察を終え、入院の話になった時、「早く良くなりたいので」と前向きな発言をしたところ、いきなり、入院するならはじめは個室からと言われました。個室になると高いというのが世の常識です。具体的に、いくら高くなるのか聞いてみると、1日1万円だと言います。しかも、個室で最低2週間は様子を見ますと。それだけで+14万確定です。庶民の私では、そんな金額、とてもじゃないけど払えません。

さらに先生は、パソコンの持ち込みも、スマートフォンの持ち込みも禁止との事。パソコン経由で仕事をしていたり、ブログを書いたりしている身としては、到底、飲めない要求ばかりで、その場で、断りを入れ、今まで通り通院でお願いしますという話にしました。すると、先生は露骨に嫌な顔をし「あっそ、通院ですね」って感じの返答で、手のひらを返したように、そっけない態度。あまりの豹変ぶりに、怒りすら覚えました。やっぱり、この先生とは、上手くやっていける自信がありません。

スポンサードリンク

生活環境の乱れ

最近、朝が起きられない影響で、夜はなかなか寝付けず、ツライ日々を過ごしています。WEBエンジニアは、どうしても夜型の生活になりがちです。サービスを停止して新機能をリリースする場合、どうしてもユーザーの利用が少ない時間帯にリリースすることが多いからです。夜型の生活は、かなり長い間続いているような気がします。

それでも、今までは、仕事がない時などは寝つけていたのです。しかし、最近は、なかなか眠れません。布団に入ってから、2時間くらいは、モゾモゾ、ゴソゴソしています。睡眠導入剤を処方されて、服用してもダメなのです。

この生活習慣の乱れは、体調にも悪影響を及ぼしています。夜、寝つきが遅い分、朝、起きられないという悪循環。なかなか断ち切ろうとしても、断ち切れません。夜になるほど、頭が冴えて、布団に入ってからも、色々と考えてしまうのです。

生活習慣改善のために入院のススメ

こんな生活習慣の乱れを気にして、主治医から入院のススメがありました。はじめは、いきなり入院の話をされて驚きましたが、家に戻って妻に相談したり、インターネットで調べたりするうちに、入院して早く良くなるなら、良いのではないかと考えるようになりました。インターネットの情報でも、気分転換になったなど、前向きな意見が多かったのも決断の要因になりました。早速、次の診察の時に入院を希望してみようと決意を固めていたのです。

入院時のルール

病院に入院する時には、その病院のルールがあります。私の場合、一番、心配したのがパソコンを持ち込めるかどうかです。インターネット経由で仕事をしている関係で、パソコンが使えないと困るのです。サーバーが落ちたなど、緊急対応の要請は、いつ来るかわかりません。wi-fi環境は、自分で契約しているモバイルルーターがあるので、パソコンの持ち込みが許可されて、電源さえ使用させてもらえれば、仕事の対応をしながら入院できると思っていました。

しかし、主治医の話では、パソコンの持ち込みは許可できないとの事。スマートフォンの持ち込みもダメだというのです。しかも、入院してから2週間は、経過観察のため個室に入れというのです。個室は入院代が高いのが相場です。先生に具体的に聞いてみると、「うちは大学病院だから高いよ」と前置きしたうえで、ざっくり1日1万円と言われてしまいました。それが2週間ということは、それだけで+14万円確定です。仕事も取り上げられ、入院代も上乗せされては、簡単にYESとは言えません。個室なら、誰にも迷惑をかけないからとパソコンの持ち込みを相談しましたが、断固として拒否されてしまいました。

ノルマでもあるのでしょうか?

仕事を取り上げられて、入院代も上乗せされては、さすがに厳しいです。あまり長引かせても、結果は変わらないと思い、その場で入院はしないで、通院で治す旨を伝えました。

すると、主治医の先生は、手のひらを返したかのように、態度を豹変させたのです。一応、面接担当も経験していたので、人を見る目はあるつもりです。そうでなくても、あの豹変ぶりは、誰でも気付くと思います。
「あっそうですか。入院しないんですね…通院ね。それも良いでしょう」
言葉こそ丁寧ですが、明らかに入院の話を進めていた時とは態度が違います。下手なセールスマンでも、もっと上手に立ち回れるはずです。

大学病院のことは、よく知りませんが、入院のノルマでもあるのでしょうか?家族に話しても、私の症状は、個室に入院しなければいけないほど悪いようには見えないと言います。先生の目には、一体、私はどのように見えているのでしょうか?

主治医に対する不信感

大学病院に移ってから、しばらくは主治医に対して不信感がありました。最近、ようやく少しずつ改善してきたと思っていただけに、今回の件はショックでした。また、主治医に対する不信感が増大してきたのです。

確かに、こちらが悪い部分もあります。入院に前向きな発言をしておいて断ったのですから、そこは悪いと思っています。しかし、パソコンを取り上げられては、収入が途絶えてしまうのです。ここがフリーランスのツライところです。主治医の先生も、もう少し、その辺を理解してもらえればと思います。

今回の件で、また病院に行くのが嫌になりそうです。増大した不信感は、簡単にぬぐえそうにありません。主治医の先生は、私を金づるとしか思っていないのではないかという印象を受けたからです。久しぶりに、こんなツライ扱いをされました。このまま転院した方が良いのかもしれません。真剣に悩みます…

 - 闘病生活

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

眠気
大学病院に変わって、完全にうつ状態に戻ってしまいました

心療内科に通っていた頃には、薬の数は多かったのですが、症状も落ち着いて、自分でで …

20150326
残業ほぼ無しのホワイト企業でWEBアプリ開発を行っていた男の転落人生

ブログを開設するにあたって、何を書こうか迷ったのですが、まずは自分のことをしっか …

By: Tony Alter
うつ病の悪化が原因か?睡眠障害で夜、眠れない毎日

うつ病の症状が安定しないために、色々と薬を調整してもらっていたのですが、ここ最近 …

By: Ian Sane
うつ病であることを隠して生きるのは、なかなか難しい

私の友人や元会社の同僚の中に、私がクローン病を患っていることを知っている人は沢山 …

セカンドオピニオン
医師との相性や治療方針が合わないと思ったら転院しましょう!

最近では、もう一般に普及してきたセカンドオピニオンという言葉ですが、いざ、自分で …

alexramos10 / Pixabay
朝、起きられないのはうつ病の症状の可能性があります

最近、朝、起きられなくなってきました。元々、仕事柄から昼夜逆転の生活だったのです …

苦悩
うつ病の症状が悪化して、死にたい衝動が抑えられなくなりました

うつ病を発症し、長い間通院していた心療内科だったのですが、薬の大量服用をやってし …