フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

ハリルJAPAN3戦目。W杯アジア2次予選前最後の戦い、対イラク戦観戦レビュー

      2015/07/18

ハリルホジッチ監督が就任してから3戦目は、W杯ロシア大会アジア2次予選直前の最後の試合となりました。相手は、中東の強豪イラクです。ハリルJAPANは、この難敵に勝利をおさめ、W杯ロシア大会アジア2次予選に向けて弾みをつけてもらいたいと思います。

ハリルホジッチ監督は、試合前日のコメントで「今年は1試合も負けない」と豪語しました。しかし、イラクは、2015年のアジアカップでもベスト4に進出していて、アウェーでもファール覚悟で激しく当たってくる相手です。くれぐれも、ケガだけはしないように注意して欲しいと思います。

スポンサードリンク

ハリルJAPANスターティングメンバー

GK

川島選手

DF

長友選手、槙野選手、吉田選手、酒井(宏)選手

MF

長谷部選手、香川選手、柴崎選手

FW

宇佐美選手、岡崎選手、本田選手

システム

4-2-3-1

前半戦レポート

開始早々から、激しく前線からプレスをかけてくるイラク。そんな中、前半2分、本田選手のシュートをGKが弾いてCKを獲得します。そのCKを、酒井(宏)選手が合わせますが、惜しくもゴールを捕らえることができません。

前半5分、柴崎選手のスルーパスに飛び出した本田選手が、抜け出し相手DFと競り合いながらも冷静にゴール右隅に決めて、ハリルJAPANが先制します。

前半8分、宇佐美選手がワンツーで抜け出そうとするも、DFにクリアされCK。このCKを、味方がそらせて、そのボールに槙野選手が合わせて、ハリルJAPANが2対0とリードを広げます。

前半14分、本田選手の縦パスに抜け出した岡崎選手がフリーでシュートを放ちますが、GKの真正面でゴールになりません。

前半26分、酒井(宏)選手の緩慢なプレーでピンチを迎えますが、長谷部選手のクリアで事なきを得ます。

前半33分、中盤のダイレクトパスから宇佐美選手のドリブル突破、岡崎選手にパスが通って、これを豪快に叩き込み3対0とハリルJAPANが貴重な追加点を奪いました。

前半40分、柴崎選手のスルーパスに、岡崎選手が抜け出し、ゴールネットを揺らしますが、ここは惜しくもオフサイドになってしまいました。

前半44分、イラクにロングフィードのセカンドボールを拾われますが、酒井(宏)選手が対応。これがファールになり、イラクに絶好の位置でFKを与えてしまいます。このFKは、惜しくもゴールを捕らえることはできず、試合は3対0とハリルJAPANがリードのまま前半を終了しました。イラクは、前半終了直前のFKが初シュートでした。

後半戦レポート

後半、ハリルJAPANは前半と同じメンバーで臨みます。

後半3分、宇佐美選手が倒され、ゴール正面でFKのチャンスを得ます。本田選手がオトリになり柴崎選手が蹴りますが、ゴールを捕らえることはできません。

後半7分、パスを繋いで香川選手がペナルティエリア内に侵入しシュートを放ちますが、これはGKの正面になってしまいました。

後半10分、右サイドで岡崎選手が倒され、FKのチャンスを得ます。GKが弾いたボールを岡崎選手が合わせますが、GKに当たってゴールポストを越えてしまいます。

後半12分、吉田選手のクリアミスからピンチを迎えますが、GK川島選手が飛び出し、何とかクリアします。

後半14分、イラクに立て続けにCKを奪われますが、GK川島選手がセーブします。

後半20分、本田選手が自ら持ち込んで、強烈なシュートを放ちますが、これは惜しくもゴールポストを直撃します。

後半21分、ハリルJAPANは一気に3人を交代させます。宇佐美選手に代わって武藤選手。本田選手に代わって永井選手。香川選手に代わって原口選手を投入します。

後半27分、岡崎選手に代わって、大迫選手を投入します。

後半29分、交代した武藤選手と永井選手で右サイドを崩して、ゴール前にクロス。このボールに大迫選手が飛び込みますが、GKにセーブされてしまいます。

後半30分、長谷部選手に代わって、谷口選手が代表デビューを飾ります。

後半39分、イラクに押し込まれる苦しい時間帯が続く中、原口選手がこぼれ球に抜け出して代表初ゴールを決めました。ハリルJAPANが4対0と大きくリードする展開の中、柴崎選手に代わって、山口選手を投入します。

後半43分、CKに頭で合わせた槙野選手ですが、GKの正面に飛んでしまいます。

アディショナルタイムは2分でしたが、このままハリルJAPANが4対0と大勝しました。

感想

今回の試合では、ハリルJAPANの目指す縦に早いサッカーが、イラク相手にも通用することがハッキリした試合でした。特に前半はイラクにシュートチャンスさえ与えないほどの圧倒ぶりでした。

後半、運動量が落ち、ラインが間延びし、イラクに押し込まれる場面が増えたのが課題と言えるでしょう。しかし、交代した選手が自信を持ってプレーをし、原口選手は代表初ゴールをあげる活躍を見せてくれました。

香川選手がトップ下で先発しましたが、運動量は問題なかったものの、キレはまだ本来の姿には戻っていないように感じました。ボランチで先発した柴崎選手が、ゲームメークに貢献したことは収穫だったと言えます。

5日後には、W杯ロシア大会アジア2次予選のシンガポール戦が控えています。今日の試合は、シンガポール戦に向けて、弾みのつく勝利となりました。

 - サッカー, 日本代表

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: yoppy
久保建英(くぼたけふさ)君、FC東京U-15むさし移籍後、初試合はベンチメンバー。チームも敗戦。

FCバルセロナの下部組織を退団し、FC東京U-15むさしに移籍した久保建英君の初 …

By: Stuart Frisby
フォルラン選手突然の戦線離脱。セレッソ大阪に残されたのは巨額の負債

現在J2で9位と苦しい戦いの続くセレッソ大阪。その中にあって高額年俸で獲得した元 …

By: Tsutomu Takasu
ハリルJAPAN、W杯ロシア大会への第一歩。シンガポール戦はホームでまさかの引き分け

ハリルホジッチ監督が就任してから、3戦負けなしのハリルJAPAN。この試合から、 …

By: Joel Solomon
W杯カナダ大会、なでしこJAPAN対エクアドル戦はわずか1得点での勝利

既にグループリーグ突破を決めているなでしこJAPAN。対戦相手は、グループリーグ …

20150401
久保建英(くぼたけふさ)君13歳がFCバルセロナの下部組織を退団し帰国することに

日本サッカー界の至宝とまで言われる久保建英(くぼたけふさ)君がFCバルセロナの下 …

By: Joel Solomon
カナダW杯決勝トーナメント1回戦オランダ戦、なでしこJAPANの快勝でベスト8進出

カナダW杯、なでしこJAPANは決勝トーナメント初戦で、FIFAランキング12位 …

By: mari
ACLでのゴールで確信。宇佐美選手はもう一度、海外に挑戦するべき選手

アジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント初戦で、ガンバ大阪の宇佐美選手はFCソ …

By: funky1opti
ついに移籍先決定。FC東京、武藤選手がマインツ移籍を発表。

海外移籍が噂されていたFC東京の武藤選手が、ドイツ、ブンデスリーガのマインツへ移 …

By: Joel Solomon
新生なでしこJAPAN、東アジア大会2戦目。韓国相手に悔しい逆転負け

初戦は、実力チームの北朝鮮に善戦したものの、最後は力でねじ伏せられた感のある新生 …

By: Yuya Tamai
なでしこJAPAN、W杯初戦のスイス戦に見る澤選手の重要性

なでしこJAPANはW杯カナダ大会の初戦、スイス戦を1対0で勝利し、W杯連覇へ向 …