フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

ハリルJAPAN、W杯ロシア大会への第一歩。シンガポール戦はホームでまさかの引き分け

      2015/07/18

ハリルホジッチ監督が就任してから、3戦負けなしのハリルJAPAN。この試合から、いよいよW杯ロシア大会に向けての、絶対に負けられない真剣勝負が始まります。相手は、格下のシンガポールです。

アジア2次予選では、全てのチームが日本相手にホームでもアウェーでも引き分けでOKという守備的な戦いを挑んでくるでしょう。ハリルJAPANの攻撃陣が、守備的な相手に対し、どのようにゴールを奪うのかがポイントになってきます。

スポンサードリンク

スターティングメンバー

先日のイラク戦とは、ほぼ同じメンバーですが、右サイドバックだけが長友選手から太田選手に変更になっています。長友選手は、腰の違和感を訴えた模様です。

GK

川島選手

DF

太田選手
槙野選手
吉田選手
酒井(宏)選手

MF

香川選手
長谷部選手
柴崎選手

FW

宇佐美選手
岡崎選手
本田選手

システム

4-2-3-1

前半戦レポート

前半開始早々、ハリルJAPANはキックオフのボールを上手くつなぎ、宇佐美選手がシュートを放ちますが、ゴールを捕らえることはできません。

前半11分、縦パスに素早く振り向いた香川選手がシュートを放ちますが、相手GKに弾かれてしまいます。

前半16分、長谷部選手の突破から、本田選手、岡崎選手とつなぎますが、惜しくもゴールを外れてしまいます。

前半21分、相手ゴール前の崩しから、長谷部選手がシュートを放ちますが、GKの正面に飛んでしまいました。

前半22分、相手DFのミスをついた香川選手がミドルシュートを放ちますが、これはミートしませんでした。

前半23分、本田選手と酒井(宏)選手で右サイドを崩し、クロスをあげ、香川選手が合わせますが、クロスバーの上を大きく越えてしまいます。

前半26分、柴崎選手のスルーパスに宇佐美選手が抜け出しますが、これは惜しくもオフサイドでした。

前半29分、ゴール前の細かい崩しから、岡崎選手がフリーでシュートを打ちますが、相手GKのファインセーブに阻まれてしまいます。

前半33分、柴崎選手が本田選手とのワンツーで抜け出しクロスをあげますが、香川選手には合いませんでした。

前半38分、右からのCKに槙野選手が合わせますが、惜しくもゴールを外れてしまいます。

前半43分、太田選手が左サイドを崩しますが、GKにパンチングされてしまいます。

前半は、両チーム無得点のままで終了します。ハリルJAPANは、再三にわたって良い場面を作りましたが、あと一歩、シンガポールの守りを崩せませんでした。

後半戦レポート

後半2分、左サイドを崩した宇佐美選手がクロスを上げ、本田選手、岡崎選手がボールに絡みますが、ゴールを奪えませんでした。

後半6分、宇佐美選手がゴール正面のパス交換からミドルシュートを放ちますが、これは大きくゴールを越えてしまいます。

後半9分、太田選手のアーリークロスに岡崎選手が頭で合わせますが、相手GKのファインセーブに防がれてしまいます。ボールはゴールライン上で、惜しくもかき出されてしまいます。

後半14分、宇佐美選手がサイドから中央に切れ込みシュートを打ちますが、右に外れてしまいます。

後半16分、香川選手に代わって、大迫選手を投入します。大迫選手は、岡崎選手とツートップを組む形になります。

後半17分、左サイドから、宇佐美選手がクロスを上げ、相手GKが弾いたボールに本田選手が頭で合わせますが、惜しくもGK正面に飛んでしまいました。

後半22分、右から太田選手のCKを本田選手が頭で合わせますが、相手GKのファインセーブに阻まれてしまいます。

後半25、右サイドから本田選手のアーリークロスに、槙野選手がヘディングしますが、惜しくもサイドネットでした。ハリルJAPANは、柴崎選手に代わって、原口選手を投入します。

後半26分、ゴール正面でFKのチャンスに、本田選手が左足を振りぬきますが、惜しくもクロスバーを直撃します。跳ね返ったボールを、宇佐美選手がシュートしますが、GKにセーブされました。

後半28分、右サイドのクロスに宇佐美選手が飛び込みますが、惜しくも合いませんでした。

後半30分、右サイドから本田選手がミドルシュートを放ちますが、左にそれてしまいます。

後半32分、宇佐美選手に代わって、武藤選手を投入します。ハリルJAPANは、交代カードを全て使い切りました。

後半33分、ゴール正面からの浮き球に槙野選手が飛び込みますが、相手GKにセーブされてしまいます。

後半35分、酒井(宏)選手のパスミスから、カウンターでピンチを迎えますが、GK川島選手の飛び出しで、事なきを得ます。

後半41分、右サイドのクロスに、日本選手が飛び込みますが、GKにセーブされてしまいます。

後半44分、ゴール正面のFKを太田選手が蹴りますが、相手GKにキャッチされました。

後半アディショナルタイムは4分。大迫選手、原口選手の崩しから本田選手がシュートを放ちますが、DFにクリアされてしまいました。本田選手が素早くCKを蹴りますが、DFにクリアされ試合終了になりました。

前後半通じて、20本以上のシュートを放ったハリルJAPANでしたが、最後までゴールをこじ開けることはできませんでした。

感想

さすがW杯予選。今までの親善試合のような具合にはいきませんでした。何度か、決定的なチャンスを作りましたが、相手GKの再三のファインセーブに阻まれてしまいました。

ハリルJAPANの掲げる縦に早いサッカーも、徹底して引いて守る相手には、通用しませんでした。前半には、香川選手の素早いターンから、ゴールを狙う場面も見られました。宇佐美選手も、たびたび、得意の形からシュートを放ちましたが、いつもの精度が見られませんでした。

前半は、サイドからのクロスがあまり見られず、太田選手、酒井(宏)選手を上手く生かすことができませんでした。

ハリルJAPANは、縦パスなら縦パス、サイドならサイドとワンパターンな攻めに終始してしまったように感じます。もっと、サイド攻撃と縦に早い崩しを織り交ぜれば、効果的に攻めることができたのではないかと思います。

対戦相手のシンガポールは、GKが大当たりでした。GKだけでなく、選手全員もハリルJAPAN以上に気迫を持って戦っていました。中東の選手のように時間つぶしのために倒れるのではなく、本当に足がつるほどまで頑張ってくるのです。この気迫が、ハリルJAPANには足りなかったように感じます。イラク戦の良いイメージがあったせいで、どこかキレイに決めてやろうという気持ちがあったのではないでしょうか?

ハリルホジッチ監督自身、ここまで徹底して引いてくる相手は、経験したことがないのではないでしょうか。選手交代にも、いつものような明確な意図が見られなかったように感じます。今後、ハリルホジッチ監督も含めて、早急な対策が必要になるでしょう。

W杯アジア2次予選

ホームアンドアウェー方式で対戦し、各組1位のみが最終予選に進出できます。

今回、ハリルJAPANがホームで引き分けたことで、アウェーのシンガポール戦は何としても勝ち星が欲しいところです。

また、同組には政情不安のシリアが含まれるため、アウェーのシリア戦が第3国で開催される可能性があります。

各チームとも、ハリルJAPANよりも格下なので、日本で行われる試合は徹底して守り、引き分け狙いで来ることは明らかです。今回のシンガポール戦を課題に、いかにして崩すのかを考える必要があるのではないでしょうか。

 - サッカー, 日本代表

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Joel Solomon
カナダW杯決勝トーナメント1回戦オランダ戦、なでしこJAPANの快勝でベスト8進出

カナダW杯、なでしこJAPANは決勝トーナメント初戦で、FIFAランキング12位 …

By: Stuart Frisby
フォルラン選手突然の戦線離脱。セレッソ大阪に残されたのは巨額の負債

現在J2で9位と苦しい戦いの続くセレッソ大阪。その中にあって高額年俸で獲得した元 …

By: thierry ehrmann
FIFA(国際サッカー連盟)激震。ブラッター会長は再戦したものの…

FIFA(国際サッカー連盟)に激震が走りました。会長選挙を直前に控えた27日に現 …

By: yoppy
天才の片鱗!久保建英(くぼたけふさ)君が、日本デビュー戦で決勝ゴール

31日、FCバルセロナを退団し、FC東京U-15むさしに加入した久保建英(くぼた …

W杯アジア2次予選
W杯ロシア大会アジア2次予選!ハリルJAPANの対戦相手が決定!

先日の親善試合を連勝し、好調なスタートを切ったハリルJAPANですが、W杯予選で …

By: yoppy
ハリルJAPAN、なでしこJAPAN、東アジア大会のメンバー50人を発表

ハリルJAPAN、なでしこJAPANが東アジア大会の予備登録メンバー50人を発表 …

By: Joel Solomon
新生なでしこJAPAN、東アジア大会2戦目。韓国相手に悔しい逆転負け

初戦は、実力チームの北朝鮮に善戦したものの、最後は力でねじ伏せられた感のある新生 …

By: Hayato.D
絶対負けられない日韓戦。ハリルJAPANの戦いは苦しみながらの引き分け

苦戦が続く東アジア大会の新生なでしこJAPANとハリルJAPAN。特にハリルJA …

By: Daniel
UEFAチャンピオンズリーグ準決勝をテレビ観戦してみた

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝は5月13日にレアル・マドリード対ユベントスが …

By: paulisson miura
ハリルJAPAN3戦目。W杯アジア2次予選前最後の戦い、対イラク戦観戦レビュー

ハリルホジッチ監督が就任してから3戦目は、W杯ロシア大会アジア2次予選直前の最後 …