フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

UEFAチャンピオンズリーグ決勝。FCバルセロナ対ユベントス

      2015/07/18

UEFAチャンピオンズリーグ

By: Daniel

UEFAチャンピオンズリーグ決勝が、ベルリンで開催されました。4年ぶり5回目のチャンピオンズリーグ制覇を狙うFCバルセロナと、国内リーグと国内カップ戦を制覇し3冠を狙うユベントスの対戦です。

FCバルセロナは、南米3トップのMSNトリデンテを中心に、圧倒的な攻撃力を誇ります。この攻撃力を封じるのは容易ではありません。

対するユベントスも、セリエAでは敵なしの状態です。イタリアサッカーらしい堅い守備と、ここぞという時の得点力には目を見張るものがあります。

対照的とも言えるチームの対戦だけに、目が離せません。

スポンサードリンク

UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦前半

FCバルセロナのポゼッションサッカーとユベントスの守備力の対決と思われた試合展開でしたが、予想に反し、ユベントスがアグレッシブに前に出て、テベス選手のオープニングシュートに繋がります。

しかし、FCバルセロナは慌てません。前半4分、左サイドの崩しから、ネイマール選手がボールをキープ。2列目から飛び込んできたイニエスタ選手がパスを受けて折り返すと、ラキティッチ選手がゴールに流し込み、鮮やかに先制します。イタリア国内では無敵を誇ったユベントスの守備を縦横に揺さぶり、あっさりと崩して見せました。

試合は一気にFCバルセロナペースになりますが、ユベントスもイタリア王者のプライドで追加点を許しません。試合は、そのままFCバルセロナが1点リードのまま、後半に突入します。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦後半

後半に入っても、FCバルセロナのペースは変わりません。後半3分、FCバルセロナのカウンターで一気に攻め込み、5対3の数的優位を作ります。しかし、ここがユベントスの守護神、ブッフォンが立ちはだかります。

後半6分には、FCバルセロナ自慢のMSNトリデンテの連携が会場を盛り上げます。右サイドでボールを受けたメッシ選手が、ドリブルで切り込み、ネイマール選手とワンツー。戻ってきたボールを、スアレス選手に当てて、ダイレクトでボールがメッシ選手に戻ってきます。これをメッシ選手がシュートしますが、枠を外れました。

FCバルセロナ優勢で試合が進む中、後半10分、ユベントスが反撃を見せます。右サイドを崩して、リヒトシュタイナー選手がグラウンダーのクロスを中に入れます。これをテベス選手が反転してシュートしますがGKシュテーゲン選手がはじきます。このボールをモラタ選手が押し込み、同点に追いつきました。

同点ゴールで勢いづいたユベントスは、FCバルセロナを相手に一進一退の攻防を繰り広げます。後半23分、メッシ選手が得意のドリブルで相手DFをかわしてシュートします。このシュートは、GKブッフォン選手が好セーブして弾きます。しかし、こぼれ球につめたスアレス選手が、DFエブラ選手と競り合いながらゴールに押し込み2対1と再びリードする展開に持ち込みます。

後半33分、FCバルセロナはイニエスタ選手に代わって、シャビ選手を投入。ユベントスは、ビルダ選手が下がって、ペレイラ選手を投入します。後半40分には、ユベントスがモラタ選手に代わって、ジョレンテ選手を投入して、反撃の体制を整えます。

後半33分、ユベントスはCKにポグパ選手が頭で合わせますが、ヘディングシュートはバーの上に外れます。5分のアディショナルタイムには、テベス選手がミドルシュートを放ちますが、GKの真正面でゴールを割ることができません。

FCバルセロナは、ラストプレーのカウンターで、ネイマール選手がゴールネットを揺らして3点目。結局、このまま3対1でFCバルセロナが4年ぶりにチャンピオンズリーグを制覇しました。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦の感想

FCバルセロナの攻撃陣と、ユベントスの守備陣との戦いと予想していましたが、前半早々にFCバルセロナにゴールが生まれたため、ユベントスも激しく前に出てくる面白い試合展開になりました。

FCバルセロナの自慢のMSNトリデンテのプレーは、高いレベルでパス交換するプレーを見せ、色々と楽しませてくれました。クラブW杯でも、好プレーを期待します。

ユベントスも、イタリア国内では無敵のチームだけあって、ただ守備力が高いだけでなく、テベス選手を中心としたアタッカー陣は、FCバルセロナにとって危険な存在でした。しかし、MSNトリデンテに比べると、個人技でのプレーが多く、FCバルセロナの守備陣の前に、好機をなかなか作ることができませんでした。ポグパ選手の身体能力の高さは、今後、ユベントスの大きな武器になるでしょう。

Jリーグと比べてしまう

UEFAチャンピオンズリーグは、世界トップレベルのクラブ同士の対戦だけに、とても高いレベルで素晴らしいサッカーを見せてくれました。是非、Jリーグのチームも、このレベルに少しでも近づけるよう、頑張って欲しいと思います。

今のJリーグは、上位陣の戦いでも、90分間見るには耐えられないほどに、面白みがない試合が多いです。審判のレベル低く、すぐに笛を吹きプレーを止めてしまうからです。選手も審判の笛を意識したプレーで、大げさに倒れ込んだりするため、世界基準では通用しないプレーが増えています。一刻も早く審判のレベルアップをして欲しいと思います。

ACLで勝ち残っているチームに期待

ACLベスト8には、ガンバ大阪と柏レイソルが勝ち残っています。ベスト8に2チーム勝ち残っているのは日本だけです。両チームには、是非ともACL制覇をして、クラブW杯に進出の権利を勝ち取ってもらいたいと思います。

ガンバ大阪の宇佐美選手には、特に期待しています。宇佐美選手のプレーが、アジアレベルで群を抜いていることを証明することで、再び、欧州のクラブからオファーが来ることも考えられます。宇佐美選手にとっても、ACLは大切な大会なのです。

 - サッカー, 海外サッカー

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: yoppy
ACL決勝トーナメント1回戦。レイソルとガンバがともに準々決勝へ

ACL(アジアチャンピオンズリーグ)決勝トーナメント1回戦。ともにアウェーで貴重 …

By: ·tlc∙
久保建英(くぼたけふさ)君、全国へ。FC東京U-15むさしが全国大会出場決定

FCバルセロナの下部組織を退団し、FC東京U-15むさしに所属していた久保建英( …

By: Joel Solomon
W杯カナダ大会、なでしこJAPAN対エクアドル戦はわずか1得点での勝利

既にグループリーグ突破を決めているなでしこJAPAN。対戦相手は、グループリーグ …

By: david pacey
カズ選手の神対応に張本氏もあっぱれ!Jリーグ最年長ゴール記録も更新!

4月12日放送のTBSの情報番組「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで張本氏 …

By: University of the Fraser Valley
カナダW杯、なでしこJAPAN初戦。対スイス戦。苦戦しながらも白星発進。

いよいよ、カナダW杯でなでしこJAPANが初戦を迎えました。相手は、未知の強豪、 …

By: Jason Gulledge
カナダW杯決勝、なでしこJAPAN対アメリカ。大敗で連覇の夢途絶える

カナダW杯の決勝戦。W杯連覇に王手をかけたなでしこJAPANの相手は、前回W杯決 …

サッカー
FC東京の武藤選手にプレミアリーグの強豪チェルシーから7億円のオファーが

FC東京のFWで日本代表でも活躍中の若手、武藤選手にイングランドのプレミアリーグ …

By: James Boyes
なでしこJAPAN、カナダW杯決勝トーナメント初戦の相手はオランダに決定

カナダW杯のグループステージを負けなしで突破したなでしこJAPAN。決勝トーナメ …

By: Stefano Brivio
本田選手復活?強豪ローマ相手に、苦手な右足で2アシストを記録

セリエAのACミランで戦っている日本代表のエース、本田選手がセリエA2位の強豪ロ …

By: thierry ehrmann
FIFA(国際サッカー連盟)激震。ブラッター会長は再戦したものの…

FIFA(国際サッカー連盟)に激震が走りました。会長選挙を直前に控えた27日に現 …