フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

カナダW杯、なでしこJAPAN初戦。対スイス戦。苦戦しながらも白星発進。

      2015/07/18

いよいよ、カナダW杯でなでしこJAPANが初戦を迎えました。相手は、未知の強豪、スイスです。なでしこJAPANは、前回W杯チャンピオンとして、連覇を目指す戦いとなります。

相手のスイスは、今まで対戦した経験がなく、ヨーロッパではドイツ、フランスに続く強豪とも言われています。厳しい戦いになるでしょうが、頑張って欲しいと思います。

スポンサードリンク

なでしこJAPANスターティングメンバー

GK

山根選手

DF

有吉選手
岩清水選手
熊谷選手
宇津木選手

MF

澤選手
阪口選手
大野選手
宮間選手

FW

安藤選手
大儀見選手

システム

4-4-2

前半戦レポート

前半7分、宇津木選手の個人技での突破から、CKを獲得。宮間選手のキックに岩清水選手が頭で合わせますが、ボールはゴールの上を越えてしまいます。

前半11分、スイスがDFの裏を突くパスで、なでしこJAPANはピンチを迎えますが、GK山根選手の飛び出しで、ゴールを許しません。

前半14分、大野選手からの横パスに走り込んだ宮間選手が、ミドルシュートを放ちますが、枠を捕らえることができませんでした。

前半17分、大野選手の突破から、グラウンダーのクロスをゴール前に流しますが、飛び込んだ大儀見選手、安藤選手が惜しくも合わせることができませんでした。

前半26分、大儀見選手の浮き球に、安藤選手が飛び込みますが、飛び出して来たGKと接触しPKを獲得します。相手GKにはイエローカードが出されました。PKのキッカーは宮間選手。冷静に左隅に決めて、なでしこJAPANが先制します。安藤選手は、足を痛めたようで、治療のためピッチ外に運び出されました。

前半31分、負傷した安藤選手に替わって、菅澤選手を投入します。

失点したスイスは、なでしこJAPANに対し圧力をかけて、立て続けにチャンスを作ります。DFラインが下がった、なでしこJAPANですが、懸命にディフェンスし失点を防いでいます。

前半36分、宮間選手のクロスに、阪口選手がフリーで合わせますが、相手DFにクリアされました。

前半39分、宮間選手のサイド突破からのクロスに、大儀見選手が飛び込みますが、惜しくも合いませんでした。

前半43分、スイス選手が個人技で突破しシュートを放ちますが、ボールは惜しくもゴールから逸れてしまいます。

前半アディショナルタイムは1分。なでしこJAPANは、立て続けにCKを獲得しますが、ゴールに結びつけることはできません。

後半戦レポート

後半戦、スイスは1人交代して、なでしこJAPANに挑んできます。

後半4分、こぼれてきたボールに、菅澤選手が合わせますが、シュートは枠を捕らえません。スイスは、すぐに反撃し、ゴール正面からミドルシュートを放ちますが、ゴールの上を越えていきました。

後半6分、細かいパス交換から、こぼれてきたボールに大野選手が走り込みますが、ボールはゴールを大きく越えてしまいます。

後半9分、相手選手の個人技での突破に、GK山根選手までかわされてしまいますが、ギリギリの所でクリアしました。

後半11分、澤選手に替わって、川村選手を投入します。その直後、スイスがなでしこJAPANのDFの裏を突きますが、GKの山根選手の飛び出しでセーブします。

後半17分、スイス選手の個人技での突破で危ない場面になりますが、何とかCKに逃れます。スイスは、この試合ショートコーナーを多用していますが、ここもショートコーナー。アーリークロスから頭で合わせますが、GK山根選手が正面でセーブします。

後半22分、宇津木選手のパスから、上手く正面を向いた菅澤選手がシュートを放ちますが、惜しくもポストに阻まれてしまいます。

後半29分、CKのボールをGK山根選手が飛び出すものの、こぼしてしまいピンチを迎えますが、何とかDFがクリアします。

後半32分、ゴール前に浮き球のボールをあげられ、ピンチを迎えますが、スイスのシュートはサイドネットでした。

後半35分、スイスが2人目の選手交代。中盤で優位に立っているスイスは、さらになでしこJAPANにプレッシャーをかけてきます。

後半44分、なでしこJAPANは、大野選手に替えて川澄選手を投入します。後半アディショナルタイムは3分です。

後半アディショナルタイム、熊谷選手のクリアボールが相手に渡ってしまいますが、相手のシュートはゴールの上を越えていきました。試合は、このまま1対0で何とか勝利をおさめました。

スイス戦の感想

GKの山根選手のキャッチミスや、澤選手に替わって入った川村選手のパスミスなどが目立った試合でした。今回は、ミスから失点することはありませんでしたが、世界ランク上位のチームが相手になるとミスが致命的になります。イージーなミスは、即修正が必要です。

流れの中で、ゴールに結びつくようないい形があまり作れなかったことも心配です。結果的にはPKでのゴールだけでしたので、今後は流れの中で良い形を作れるようになってもらえればと思います。

フィジカルの強い相手に、何度も振り切られる場面も見られました。相手の10番、11番には、最後まで振り回されました。個の力で勝てないなら、組織で守るしかありません。後半は、ほとんど相手に支配される苦しい展開でしたが、身体を張って守ることはできていました。個人が抜かれた後のカバーリングなどを再確認する必要があると思います。

次はカメルーン戦

なでしこJAPANの次の相手は、カメルーン戦です。カメルーンも情報のない相手ですが、エクアドル相手に6対0と大勝していることから、油断のできない相手であると言えます。しかし、なでしこJAPANのサッカーができれば勝てない相手ではありません。しっかりと組織的に守り、素早い攻めで相手ゴールに襲いかかって欲しいと思います。

澤選手、代表通算200試合

この試合で、澤選手が代表通算200試合を達成しました。宮間選手も150試合達成です。なでしこJAPANには、この両選手が欠かせないことは、スイス戦でもハッキリしました。今後は、ケガなどに気を付けつつ、なでしこJAPANの勝利に貢献して欲しいと思います。

 - なでしこJAPAN, サッカー

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: yoppy
ハリルJAPAN、なでしこJAPAN、東アジア大会のメンバー50人を発表

ハリルJAPAN、なでしこJAPANが東アジア大会の予備登録メンバー50人を発表 …

By: abdallahh
なでしこJAPAN連覇の戦い。女子W杯カナダ大会開幕。地元カナダは、白星発進

現地時間6日、カナダで女子W杯が開幕しました。いよいよ、なでしこJAPANの大会 …

By: ·tlc∙
久保建英(くぼたけふさ)君、柏レイソルU-15との対戦で輝きを見せるもチームは敗戦

注目の14歳、久保建英(くぼたけふさ)君の所属するFC東京U-15むさしが、14 …

By: kpjessop
リオオリンピックに向けて…U-22日本代表対コスタリカ戦

日本代表は、ここ数年、アンダーカテゴリーでのW杯出場を逃し続けています。アジア予 …

By: ·tlc∙
日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会関東予選。久保建英(くぼたけふさ)君、雨の中の激闘

FC東京U-15むさしに所属する久保建英(くぼたけふさ)君は、雨の降りしきる5日 …

By: Jason Gulledge
なでしこJAPANカナダW杯2戦目カメルーン戦、何とか逃げ切り決勝トーナメント進出

今日は、土日休みの人が多いということで、なでしこJAPANの勇姿に声援を送ろうと …

By: Jair Alcon
W杯直前。なでしこJAPAN、日本対イタリア戦

W杯カナダ大会直前、最後の試合となるなでしこJAPAN対イタリア戦が、28日、南 …

By: Joel Solomon
なでしこJAPAN、悔しい準優勝。カナダW杯激闘の振り返り

1ヶ月間に及んだカナダW杯。優勝は、圧倒的な強さを見せたアメリカでした。なでしこ …

By: University of the Fraser Valley
新生なでしこJAPAN、東アジア大会初戦は悔しい黒星発進

カナダW杯の激闘から、約1ヶ月。なでしこJAPANの戦いは、東アジア大会に舞台を …

By: Ben Sutherland
マインツ岡崎選手、イングランドプレミアリーグ、レスターへ移籍を発表

FC東京の武藤選手がマインツ移籍のため国内最後の試合となった27日。武藤選手と同 …