フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

新生なでしこJAPAN。初勝利をかけての中国戦は完全アウェーの中、勝利をおさめる

   

北朝鮮戦、韓国戦の連敗で東アジア大会の制覇は無理となった新生なでしこJAPAN。しかし、初勝利をかけて、完全アウェーの中国戦に臨みます。前の試合でも、まだまだ課題が多くあった新生なでしこJAPAN。この短い期間で、どれほど修正が出来たか注目したいところです。

W杯メンバーが不在とは言え、次世代を担う期待をされている新生なでしこJAPANのメンバー。このまま全敗で終わるのは悲しすぎます。貴重な真剣勝負の場だけに、何かを掴んでもらいたいと思います。

スポンサードリンク

新生なでしこJAPANスターティングメンバー

GK

山下選手

DF

京川選手
田中(明)選手
村松選手
高良選手

MF

中島選手
川村選手
杉田選手
有町選手

FW

高瀬選手
田中(美)選手

システム

4-4-2

前半戦レポート

前半7分、左サイドを突破した有町選手がクロスを上げ、田中(美)選手が合わせますが、惜しくもクリアされてしまいます。

前半10分、右サイドを突破した中島選手が鋭いクロスを上げますが、田中(美)選手には惜しくも合いませんでした。

前半13分、オフサイドトラップを仕掛けそこない、シュートにまで持って行かれますが、このシュートは枠に飛びませんでした。

前半19分、新生なでしこJAPANの左サイドを崩されて、クロスをあげられますが、田中(明)選手がヘディングでクリアします。

前半20分、中央でパスをつながれ、ミドルシュートを放たれますが、このシュートはゴールを越えてしまいます。

前半25分、ゴール前FKのチャンスにキッカーは杉田選手。ゴール右隅を狙ったシュートは、惜しくも相手GKに弾かれてしまいます。

前半32分、中盤でパスカットをした中島選手から高瀬選手に繋がりシュートを放ちますが、GKにクリアされてしまいます。

前半37分、GKのクリアミスを拾われてピンチを招きますが、粘り強いディフェンスで何とかクリアします。

前半42分、田中(美)選手が一人で持ち込みシュートを放ちますが、GKにセーブされてしまいます。

前半アディショナルタイムは1分。試合は、このまま0対0で前半を終了します。新生なでしこJAPANは何度か良い形を作りましたが、あと一歩のところでゴールにはなりませんでした。守備は良かったものの、ミスからピンチを招く場面が多かったのが気がかりです。後半はミスを減らして、頑張って欲しいと思います。

後半戦レポート

新生なでしこJAPANは、高瀬選手に代わって、菅澤選手を投入します。
中盤の並びも代え、右に有町選手、左に杉田選手、中央に中島選手を配置します。

後半4分、新生なでしこJAPANの右サイドから、アーリークロスを入れられますが、GK山下選手が飛び出してセーブします。

後半5分、中国は選手を交代しました。

後半7分、菅澤選手の飛び出しから、中島選手がミドルシュートを狙いますが、惜しくもDFに当たってしまいます。

後半12分、高良選手が良い飛び出しからアーリークロスを上げますが、このボールは相手GKにキャッチされてしまいます。

後半13分、田中(美)選手のパスから、京川選手がミドルシュートを放ちますが、相手GKにパンチングされてしまいます。

後半14分、有町選手のクロスにフリーで飛び出した川村選手が頭で合わせますが、相手GKにセーブされてしまいます。

後半15分、中島選手のパスに反応した菅澤選手がシュートを放ちますが、相手GKにセーブされてしまいます。

後半17分、中国は選手を交代しました。

後半19分、ゴール正面のFKのチャンス。キッカーは杉田選手。このFKはゴールを越えてしまいます。

後半20分、新生なでしこJAPANは、有町選手に代わって、増矢選手を投入します。

後半24分、中央でパスをつながれシュートを打たれますが、このシュートはGK山下選手がキャッチします。

後半36分、CKのクリアボールを増矢選手がダイレクトで狙いますが、このシュートはゴールを大きく外れてしまいます。

後半37分、新生なでしこJAPANは、田中(美)選手に代わって、横山選手を投入します。新生なでしこJAPANは、交代カードを全て使い切りました。

後半38分、京川選手の突破から、横山選手、菅澤選手が立て続けにシュートを放ちますが、GK、DFに阻まれてしまいます。

後半43分、中島選手のスルーパスに抜け出した横山選手が冷静にGKを交わしてシュートを流し込み、新生なでしこJAPANが先制点をあげます。

後半アディショナルタイムは5分。中国はGKを交代します。菅澤選手の抜け出しから、杉田選手につないで、杉田選手が冷静にコースを狙ったミドルシュートを放ち、新生なでしこJAPANが追加点をあげます。試合は、このまま2対0で新生なでしこJAPANが嬉しい初勝利をあげました。先制点をあげるまでは、苦しい展開が続きましたが、先制点、追加点と効果的に上げることができ、勝利することができました。

試合の感想

負けられない最終戦、完全アウェーの中で苦しい試合でしたが、何とか勝利を上げることができました。これは、何よりの財産になると思います。

先制点をあげた横山選手は、途中交代の期待に応えて、ゴールという最高の結果に繋げました。ただ、まだまだプレーの精度に問題が多く、今後、さらなるスキルアップに期待したいと思います。

ボランチを任された川村選手は、上がった後の戻りの遅さ、前線へのフィードの精度に難があり、なでしこJAPANのボランチに割って入るにはまだまだ厳しい印象です。

センターバックの村松選手も、岩清水選手と一緒にプレーしている割には危機管理能力に乏しく、相手にユニフォームを引っ張られたくらいで倒れてしまう身体の弱さもまだまだだと感じました。

FWで期待のかかった高瀬選手、菅澤選手ともに決定的な場面は作れませんでした。特に高瀬選手は、ケガの影響からか迫力不足で、まだまだコンディションが良くない印象でした。田中(美)選手は、フィジカルも強く、スピードもあり、期待ができるFW選手だと思います。

新戦力として期待できそうなのは、有町選手と杉田選手です。有町選手は、中盤からFWまでこなせる器用さと、ハードワークこなせる点が高評価です。杉田選手は、フリーキックの精度と中盤での運動量が魅力です。是非、なでしこJAPAN入りのために、さらなるスキルアップを期待したいです。

まだまだ全体的に、なでしこJAPANの新メンバーとしては物足りない印象です。全員がクラブチームに戻って、さらなるステップアップが必要だと思います。今大会で感じた課題を克服することで、なでしこJAPANへ一歩近づくことでしょう。今後に期待したいと思います。

 - なでしこJAPAN, サッカー

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: University of the Fraser Valley
W杯直前。なでしこJAPAN、日本対ニュージーランド戦

6月6日にW杯カナダ大会を控えるなでしこJAPANが、24日にニュージーランドを …

20150401
久保建英(くぼたけふさ)君13歳がFCバルセロナの下部組織を退団し帰国することに

日本サッカー界の至宝とまで言われる久保建英(くぼたけふさ)君がFCバルセロナの下 …

By: ·tlc∙
日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会関東予選。久保建英(くぼたけふさ)君、雨の中の激闘

FC東京U-15むさしに所属する久保建英(くぼたけふさ)君は、雨の降りしきる5日 …

By: University of the Fraser Valley
カナダW杯、なでしこJAPAN初戦。対スイス戦。苦戦しながらも白星発進。

いよいよ、カナダW杯でなでしこJAPANが初戦を迎えました。相手は、未知の強豪、 …

By: Joel Solomon
W杯カナダ大会、なでしこJAPAN対エクアドル戦はわずか1得点での勝利

既にグループリーグ突破を決めているなでしこJAPAN。対戦相手は、グループリーグ …

By: kpjessop
リオオリンピックに向けて…U-22日本代表対コスタリカ戦

日本代表は、ここ数年、アンダーカテゴリーでのW杯出場を逃し続けています。アジア予 …

By: Peter F.
マインツに移籍の武藤選手が結婚を発表。お相手は大学の同級生

先日、ドイツブンデスリーガのマインツへの移籍を発表したサッカー日本代表のFW武藤 …

By: Joel Solomon
なでしこJAPAN、カナダW杯準々決勝オーストラリア戦。終了直前に岩渕選手のゴールで勝利

W杯連覇を目指し、ここまで苦戦しつつも全勝で勝ち上がってきたなでしこJAPAN。 …

By: Stuart Frisby
熱い情熱!ハリルホジッチ監督が寸評付きで日本代表メンバーを発表

かつて、こんな日本代表監督がいたでしょうか?これまでの日本代表メンバー発表の時に …

By: Tsutomu Takasu
ハリルホジッチ監督、東アジア大会に臨む日本代表23名を寸評付きで発表

またしてもと言うべきでしょうか。これがハリルホジッチ監督流なのかもしれません。8 …