フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

なでしこJAPAN、東アジア大会に臨む23人を発表。ベテラン不在で大幅に若返り

   

サプライズ発表と評するメディアもあるでしょうが、これこそ、今後に続くなでしこJAPANのメンバー選出だと思います。澤選手も宮間選手も岩渕選手もいません。大儀見選手と安藤選手は予備登録にも呼ばれていませんでしたから、まだに新生なでしこJAPANです。

まだチームの核になる選手がハッキリしていません。そのため、東アジア大会では苦しい戦いが続くことでしょう。しかし、それで良いのです。澤選手も、長い現役生活の中で脚光を浴びたのは、4年前のドイツW杯を制覇してからでした。それまでは、女子サッカーは競技として存在は知られていましたが、応援で客席がいっぱいになることはない競技でした。

今回の登録メンバーには、澤選手も宮間選手もいません。その代りに、誰が名乗りをあげるのか、楽しみでしかたありません。

スポンサードリンク

なでしこJAPAN東アジア大会メンバー

GK
山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
山下杏也加(日テレ・ベレーザ)
武仲麗依(ベガルタ仙台レディース)

DF
北原佳奈(アルビレックス新潟レディース)
田中明日菜(INAC神戸レオネッサ)
薊理絵(ASエルフェン埼玉)
高畑志帆(浦和レッズレディース)
高良亮子(ベガルタ仙台レディース)
小原由梨愛(アルビレックス新潟レディース)
村松智子(日テレ・ベレーザ)

MF
上尾之辺めぐみ(アルビレックス新潟レディース)
上辻侑実(日テレ・ベレーザ)
川村優理(ベガルタ仙台レディース)
杉田亜未(伊賀フットボールクラブくノ一)
柴田華絵(浦和レッズレディース)
横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)
京川舞(INAC神戸レオネッサ)
増矢理花(INAC神戸レオネッサ)
猶本光(浦和レッズレディース)

FW
有町紗央里(ベガルタ仙台レディース)
菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
高瀬愛美(INAC神戸レオネッサ)
田中美南(日テレ・ベレーザ)

※太字はW杯経験者

メンバー大幅入れ替えの理由

4年前、ドイツW杯を制覇した時、なでしこJAPANのサッカーは世界を驚かせました。ロンドンオリンピックでも銀メダルに輝いています。先日のカナダW杯でも準優勝と結果を残しています。しかし、その時のメンバーは、ドイツW杯を制覇した時のメンバーが中心で、チームの若返りは常に課題とされていました。

幸い、カナダW杯で準優勝と好成績を残したので、東アジア大会は、無理に優勝を狙うことなく、若手へのチャレンジに使えるというものです。ここで、国際大会の経験を積んで、新生なでしこJAPANに名乗りをあげて欲しいと思います。

溢れるタレント

今回の23名に澤選手、阪口選手、岩清水選手、熊谷選手、川澄選手、宮間選手、大野選手、有吉選手、鮫島選手、宇津木選手、岩渕選手など、歴戦のなでしこJAPANのメンバーはいません。名前だけを見ると、「誰?」と首をひねる人もいることでしょう。しかし、なでしこリーグで鍛えられたメンバーたちは、着実に実力をアップしているのです。

ポスト澤選手と言われているのが猶本光選手です。ヤングなでしこJAPANとして戦ったU-20女子ワールドカップのメンバーです。猶本選手は、今まで、なでしこJAPANの不動の中盤、澤選手、阪口選手、宮間選手、川澄選手らに阻まれて、なでしこJAPANに定着することはありませんでした。しかし、中盤からゲームを組み立てる戦術眼とミドルシュートには、なでしこリーグでも定評があります。東アジア大会では、その実力をいかんなく発揮して欲しいと思います。

FW田中美南選手も期待の選手です。スピードがあり、ゴールを奪える田中美南選手は、FWの柱となるであろう高瀬選手、菅澤選手のこぼれ球に反応しゴールを奪える選手です。高瀬選手、菅澤選手とのコンビを早く構築する必要があるでしょう。

高校時代から、注目されていた京川舞選手にも注目です。MF登録ながら、所属チームではFWをこなす攻撃的な選手で、AFC U-19女子選手権では、日本を優勝に導き、京川選手自身も得点王と大会MVPを受賞しています。

海堀選手の抜けたGKには、日本期待の大型GK山根選手に期待したいところです。身長が上回る海外勢との戦いでは、なでしこJAPANのゴール前に簡単にボールを放り込んでくるパワープレーが多用されます。それを防ぐためにも、山根選手の成長は欠かせないです。W杯では1試合に出場しましたが、緊張のためかファンブルしたり、飛び出しの判断を見誤ったりする場面が見られました。GKの成長には、経験が何よりです。東アジア大会で、さらに大きく成長して欲しいと思います。

岩清水選手、熊谷選手、有吉選手、鮫島選手の抜けたDFラインは、どのように組まれるか非常に注目です。高畑志帆選手、村松智子選手は、所属クラブでもセンターバックとして活躍していますが、その他の選手は、所属クラブではMF登録です。サイドバックには、W杯経験者の上尾野辺選手もいますが、新たな選手の台頭に期待したいと思います。

新生なでしこJAPANの注目選手

私が注目する選手は、猶本光選手と、京川舞選手です。両選手とも、もっと早くなでしこJAPANに定着しても不思議ではない実力を持っています。京川選手は不運な大ケガもありましたが、現在は、完全に復帰し、所属するINAC神戸レオネッサで高いレベルでレギュラー争いを繰り広げています。

田中美南選手も、FWとして得点力には定評があります。猶本選手、京川選手とのコンビで、東アジア大会で、世界を驚かせて欲しいと思います。

なでしこJAPAN東アジア大会日程

8月1日 北朝鮮戦
8月4日 韓国戦
8月8日 中国戦

どの試合も、楽な試合はありません。新しく召集されたメンバーが多いだけに、苦戦は必至と言えると思います。しかし、私は全敗でも良いと思います。アジアの壁を肌で感じて成長の糧とする。そうして、真のなでしこJAPANへとステップアップしていくのです。

リオオリンピックに向けた戦いには、若い力が欠かせません。是非、この東アジア大会で名乗りをあげてくる若手が現れることを期待します。

 - サッカー

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: mdcam2012
ブンデスリーガ、ドルトムントの香川選手の2試合連続ゴールは復調の兆しか?

ドイツのブンデスリーガ、ドルトムントに所属する香川選手がホームでフランクフルトと …

By: Alessandra  A.
悲報!セリエAから日本人選手が消える?本田選手、長友選手が放出の危機に瀕している

イタリアのセリエAで活躍している本田選手、長友選手の両選手に放出話が浮上してきて …

By: Joel Solomon
なでしこJAPAN、悔しい準優勝。カナダW杯激闘の振り返り

1ヶ月間に及んだカナダW杯。優勝は、圧倒的な強さを見せたアメリカでした。なでしこ …

By: yoppy
久保建英(くぼたけふさ)君、FC東京U-15むさし移籍後、初試合はベンチメンバー。チームも敗戦。

FCバルセロナの下部組織を退団し、FC東京U-15むさしに移籍した久保建英君の初 …

By: abdallahh
なでしこJAPAN連覇の戦い。女子W杯カナダ大会開幕。地元カナダは、白星発進

現地時間6日、カナダで女子W杯が開幕しました。いよいよ、なでしこJAPANの大会 …

By: Hayato.D
絶対負けられない日韓戦。ハリルJAPANの戦いは苦しみながらの引き分け

苦戦が続く東アジア大会の新生なでしこJAPANとハリルJAPAN。特にハリルJA …

By: david pacey
カズ選手の神対応に張本氏もあっぱれ!Jリーグ最年長ゴール記録も更新!

4月12日放送のTBSの情報番組「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで張本氏 …

By: James Boyes
カナダW杯3位決定戦。イングランドが延長戦の末、ドイツに初勝利。なでしこJAPANの連覇は?

長かったカナダW杯もいよいよ、残り2試合。3位決定戦と、決勝戦を残すのみとなりま …

By: paulisson miura
ハリルJAPAN3戦目。W杯アジア2次予選前最後の戦い、対イラク戦観戦レビュー

ハリルホジッチ監督が就任してから3戦目は、W杯ロシア大会アジア2次予選直前の最後 …

By: GoToVan
新生なでしこJAPAN。初勝利をかけての中国戦は完全アウェーの中、勝利をおさめる

北朝鮮戦、韓国戦の連敗で東アジア大会の制覇は無理となった新生なでしこJAPAN。 …