フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

なでしこJAPAN、悔しい準優勝。カナダW杯激闘の振り返り

      2015/07/18

1ヶ月間に及んだカナダW杯。優勝は、圧倒的な強さを見せたアメリカでした。なでしこJAPANは悔しい準優勝となりましたが、胸を張ってイイ試合内容でした。今回の敗戦は、きっと、なでしこJAPANの未来に繋がる敗戦です。

今回は、長かったなでしこJAPANの激闘を振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク

激闘はここから始まった


W杯の前哨戦と言われるアルガルベカップを史上最低の9位で終えたなでしこJAPAN。チームを立て直すために、レジェンド澤選手を招集することになりました。

W杯直前の親善試合


W杯直前の親善試合。なでしこJAPANは、まだまだ細かいミスが多く、このままではグループステージ突破がやっとではないかと思っていました。

鮫島選手の攻撃的ポジションと言う選択肢が見えた試合。しかし、内容は決定力不足が露呈する不安な内容でした。この頃は、まだグループステージ突破がギリギリだと思っていました。

カナダ女子W杯開幕


地元カナダの勝利で幕をあげたカナダ女子W杯。この大会が、記憶に残る数々のドラマを生み出すとは思っていませんでした。

激闘、グループステージ


グループステージ初戦。FW安藤選手のPK獲得で、何とか勝利をおさめたなでしこJAPAN。しかし、FW安藤選手は負傷で戦線離脱するという大きな犠牲を払うことになりました。

もう1試合は、世界ランクではグループステージで最下位のカメルーンがエクアドルに大勝するという波乱が起きていました。


グループステージ2戦目は、2点をリードするものの、後半44分に1点を返され、アディショナルタイムを何とか守り抜いての勝利となりました。これでグループステージ突破が決まったものの、まだまだなでしこJAPANらしさが感じられない試合でした。

F組では、優勝候補のフランスがコロンビアに敗れる波乱があり、結果次第では、決勝トーナメント初戦でフランスと当たる可能性も出てきました。


グループステージ3戦目は、メンバーを大幅に入れ替えて臨みました。しかし、これが裏目に出て、グループステージ最下位のエクアドル相手にも1得点しかできませんでした。決勝トーナメントに向けて弾みを付けたかったなでしこJAPAN。目論見が外れてしまう試合内容となりました。

いよいよ決勝トーナメント


決勝トーナメント初戦の相手はオランダ。激戦のA組を3位で通過した難敵です。しかし、この試合から、本来のなでしこJAPANらしさが出てくるようになりました。ボランチに宇津木選手と阪口選手が入り、澤選手がスタメンから外れる布陣が見事にハマった試合でした。

GK海堀選手のミスで、最後はドキドキでしたが、ようやく一筋の光明が見えた試合です。


決勝トーナメント準々決勝、なでしこJAPANの相手は同じアジアのライバル、オーストラリアです。決勝トーナメント初戦でブラジルを下して勢いに乗るオーストラリアを相手に苦しい戦いを強いられますが、後半途中出場の岩渕選手のゴールで薄氷の勝利をおさめました。


準決勝のイングランド戦は、忘れられない試合になりました。今までなでしこJAPANが勝ったことがないイングランド。再三のピンチを防ぐなでしこJAPAN。延長戦も覚悟した後半アディショナルタイムに、相手DFのオウンゴールと言う劇的な幕切れで、決勝戦進出を決めました。この辺りは、もはや神がかっていたと言えます。


3位決定戦は、なでしこJAPANを苦しめたイングランドとアメリカに敗れた世界ランク1位のドイツとの戦い。イングランドは34本ものシュートを浴びますが、延長戦後半にPKを獲得して史上初の3位となりました。なでしこJAPANとの試合で痛恨のオウンゴールをしてしまったキャプテンに笑顔が戻りました。


なでしこJAPANの連覇の夢は、強敵アメリカの前に、脆くも敗れ去りました。しかし、なでしこJAPANのサッカーを十分に世界に見せつけた試合だったと思います。アルガルベカップから続く戦いの中で、なでしこJAPANが、ここまで進歩するとは誰も予想していなかったのではないでしょうか?

カナダ女子W杯は、アメリカの優勝で幕を閉じました。なでしこJAPANは、是非、来年のリオオリンピックでアメリカにリベンジしてもらいたいと思います。沢山の感動をありがとう!なでしこJAPAN、最高です!!

 - なでしこJAPAN, サッカー

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

Jリーグへの要求
代表監督初!ハリルホジッチ監督、Jリーグへ5カ条の要望

4月14日にJ1、J2合同委員会が開催されました。その席に、日本代表監督としては …

By: Jason Gulledge
カナダW杯決勝、なでしこJAPAN対アメリカ。大敗で連覇の夢途絶える

カナダW杯の決勝戦。W杯連覇に王手をかけたなでしこJAPANの相手は、前回W杯決 …

By: ·tlc∙
日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会関東予選。久保建英(くぼたけふさ)君、雨の中の激闘

FC東京U-15むさしに所属する久保建英(くぼたけふさ)君は、雨の降りしきる5日 …

By: yoppy
久保建英(くぼたけふさ)君、FC東京U-15むさし移籍後、初試合はベンチメンバー。チームも敗戦。

FCバルセロナの下部組織を退団し、FC東京U-15むさしに移籍した久保建英君の初 …

By: yoppy
FCバルセロナ退団の久保建英君、やっぱりFC東京むさしに入団

FCバルセロナの下部組織を退団し、去就が注目されていた久保建英(くぼたけふさ)君 …

By: Stuart Frisby
熱い情熱!ハリルホジッチ監督が寸評付きで日本代表メンバーを発表

かつて、こんな日本代表監督がいたでしょうか?これまでの日本代表メンバー発表の時に …

By: Yuya Tamai
なでしこJAPAN、W杯初戦のスイス戦に見る澤選手の重要性

なでしこJAPANはW杯カナダ大会の初戦、スイス戦を1対0で勝利し、W杯連覇へ向 …

20150331-2
サッカー日本代表JALチャレンジカップ対ウズベキスタン戦

ハリルホジッチ監督が日本代表監督に就任して、新生ハリルJAPANの初戦は格上の強 …

By: Joel Solomon
新生なでしこJAPAN、東アジア大会2戦目。韓国相手に悔しい逆転負け

初戦は、実力チームの北朝鮮に善戦したものの、最後は力でねじ伏せられた感のある新生 …

By: ·tlc∙
日本クラブユースサッカー選手権(U-15)に久保建英(くぼたけふさ)君登場。チームは大勝

21日、日本クラブユースサッカー選手権(U-15)の関東予選1回戦が行われました …