フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

カナダW杯準決勝、なでしこJAPAN対イングランド戦、最後は劇的な幕切れ

      2015/07/18

グループステージから、接戦、辛勝が続いていたなでしこJAPANですが、気づいてみたら準決勝まで、唯一負けなしで勝ち上がっています。しかも、ここ2試合は、有吉選手、岩渕選手のゴールで勝利していて、4年前に日替わりスターが現れたことと重なります。

しかし、準決勝の相手は、4年前の大会でも唯一の敗戦を喫しているイングランドです。間違いなく、今大会、なでしこJAPANが戦った相手の中で最強の相手です。

決勝戦には、世界ランク1位のドイツを2対0で下したアメリカが待ち構えています。W杯連覇まで、あと2勝。なでしこJAPANの調子も上がってきているので、期待したいと思います。

スポンサードリンク

なでしこJAPANスターティングメンバー

GK

海堀選手

DF

有吉選手、岩清水選手、熊谷選手、鮫島選手

MF

阪口選手、宇津木選手、川澄選手、宮間選手

FW

大野選手、大儀見選手

システム

4-4-2

前半戦レポート

なでしこJAPANボールでキックオフ。しかし、イングランドがいきなりテイラー選手のシュートでなでしこJAPANゴールを脅かします。

前半5分、ブロンズ選手がなでしこJAPANの左サイドをえぐりますが、CKに逃れます。

前半6分、宮間選手のパスに抜け出した宇津木選手がクロスをあげますが、GKにキャッチされてしまいます。

前半19分、イングランドのFKをゴール前に放り込まれますが、GK海堀選手がキャッチします。

前半20分、左サイドでパスを受けた宮間選手が中央にパスを出して、走り込んできた宇津木選手がミドルシュートを放ちますが、ゴールを大きく越えてしまいます。

前半22分、スローインをゴール前に放り込まれ、ダガン選手がシュートを打ちますが、ゴールを捉えることはできません。

前半26分、なでしこJAPANの右サイドをダガン選手に強引に突破されますが、クロスボールはGK海堀選手がキャッチします。

前半27分、CKをフリーになったダガン選手に合わせられますが、このボールはゴールを越えました。

前半30分、DFラインからのパスに抜け出した有吉選手がペナルティエリア内で倒され、PKを獲得します。キッカーは宮間選手。このボールを冷静に左隅に蹴り込み、なでしこJAPANが先制します。

前半35分、なでしこJAPANはゴール前にスローインを放り込まれますが、ダガン選手は阪口選手がマークして、シュートを打たせません。

前半38分、CKのボールを競り合った大儀見選手が、相手を倒してPKを献上してしまいます。キッカーはウィリアムズ選手。このボールを右隅に決められ、なでしこJAPANは今大会、初めて同点に追いつかれてしまいます。

前半42分、FKのこぼれ球に走り込んだ宇津木選手がアーリークロスをあげますが、ゴールを越えてしまいます。

前半アディショナルタイムは0分。試合は、このまま1対1で折り返します。

イングランドは、ワントップのテイラー選手に長いボールをけり込むサッカーを展開しています。それに対し、なでしこJAPANは熊谷選手、岩清水選手の両センターバックが上手く対応しています。イングランドが、かなり前からプレッシャーをかけてきているので、なでしこJAPANは相手を走らせてスタミナをロスさせたいところです。

ピッチ上は、30℃を越える高温になっていますので、後半、スタミナ切れが心配されます。延長戦、PK戦を想定しながら、選手交代も含めたベンチワーク必要です。

後半戦レポート

両チームともに、選手交代はありません。

後半、立ち上がりからイングランドがスローインのボールをブロンズ選手のロングスローで放り込んできますが、海堀選手の対応でチャンスを与えません。

後半6分、相手DFのクリアミスからCKのチャンスを得ます。宮間選手のCKに大儀見選手が飛び込みますが、惜しくも合いませんでした。

後半10分、右サイドでFKのチャンスを得ます。キッカーは宮間選手。グラウンダーのスルーパスで意表を突きましたが、阪口選手がトラップミスをしてしまいます。

後半14分、イングランドは、テイラー選手に代わって、ホワイト選手を投入します。

後半16分、ゴール正面からダガン選手がミドルシュートを放ちますが、なでしこJAPANはクロスバーに救われました。

後半18分、鮫島選手がボールを奪われ、ホワイト選手にミドルシュートを打たれますが、GK海堀選手が横っ飛びで弾き出します。続くCKもGK海堀選手がパンチングでクリアします。続くCK、ゴール正面でスコット選手に頭で合わせられますが、ギリギリ、ゴール左に外れます。

後半22分、サイドチェンジから有吉選手がボールをキープして、スルーパスを狙いますが、このボールは合いませんでした。

後半24分、なでしこJAPANは、大野選手に代わって、岩渕選手を投入します。

後半26分、ドリブル突破でペナルティエリア内に侵入した岩渕選手が、大儀見選手にパスを送りますが、惜しくも合いませんでした。

後半27分、宇津木選手のパスを受けた岩渕選手が、またもドリブル突破でペナルティエリア内に侵入し、シュートを放ちますが、惜しくもゴールから逸れてしまいました。

後半30分、ブロンズ選手に代わって、A・スコット選手を投入します。ブロンズ選手は足を痛めての交代です。

後半31分、宮間選手のクロスボールに阪口選手が頭で合わせますが、惜しくもゴールから逸れてしまいました。

後半32分、スコット選手のアーリークロスが、ループシュート気味になでしこJAPANゴールを襲いますが、クロスバーを直撃しました。

後半39分、イングランドは、ウィリアムズ選手に代わって、カーニー選手を投入します。カーニー選手は、イングランドでチーム最多得点をあげている選手です。

後半43分、イングランドは、FKをゴール前に放り込んできますが、GK海堀選手が飛び出してパンチングします。

後半アディショナルタイムは3分。川澄選手のスルーパスに、バセット選手が痛恨のオウンゴール。なでしこJAPANに貴重な勝ち越しゴールが生まれます。試合はこのまま2対1でなでしこJAPANが2大会連続の決勝戦進出を果たします。

後半、イングランドは激しくプレスをかけて、なでしこJAPANゴールを脅かしましたが、GK海堀選手を中心に、守り抜きました。攻撃陣も、途中交代で入った岩渕選手がキレのある動きでチャンスを演出しました。

感想

やはり、イングランドは強かったです。ハーフラインを越えない辺りから、積極的にプレスをかけてきて、ボールを奪ったら一気にワントップの選手を狙ってくる攻撃は、破壊力十分でした。しかし、なでしこJAPANのセンターバック、熊谷選手、岩清水選手が身体を張ったプレーで、得点を許しませんでした。

大儀見選手がPKを与えたシーンは、相手に当たっていないように見えましたが、審判のジャッジなのでしかたがないでしょう。

最後は、イングランドの選手のオウンゴールという劇的な幕切れでしたが、あのボールを触っていなければ、大儀見選手に渡っていたと思うので、スルーパスを出した川澄選手を褒めるべきでしょう。

いよいよ決勝戦

なでしこJAPANは、毎試合、苦しみながら、ついに2大会連続の決勝戦進出を決めました。決勝の相手は、前回W杯の時と同じアメリカです。アメリカとは、ロンドンオリンピックの決勝戦でも顔を合わせている難敵です。恐らく、今日のイングランドよりも強いと思います。

アメリカは、準決勝で世界ランク1位のドイツを相手に2対0で勝ち、勢いに乗っています。なでしこJAPANに対しては、前回W杯のリベンジを狙っているでしょうから、厳しい戦いになるでしょう。

なでしこJAPANも、今日は、相手のプレスを受けた時にミスをする場面が見受けられました。アメリカ相手には、ミスは致命的になります。長かったカナダW杯も、残り1試合。全てを出し切って、アメリカに勝って、悲願のW杯連覇を成し遂げて欲しいと思います。

 - なでしこJAPAN, サッカー

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: kpjessop
日本クラブユースサッカー選手権(U-15)、久保建英(くぼたけふさ)君の戦い

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会、関東予選の初戦を快勝した、久保建 …

By: yoppy
ハリルJAPAN、負けられない東アジア大会の戦い!北朝鮮戦は悔しい逆転負け

国内組だけでの戦いとなるハリルJAPANの東アジア大会ですが、簡単に負ける訳には …

By: Jamie Davies
アジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦。日本勢は、2チームとも敵地で先勝

アジアチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦が行われました。Jリーグからは …

余裕
張本氏の引退勧告(炎上中)にFC横浜カズ選手は余裕のコメント!

4月12日放送のTBS「サンデーモーニング」で、スポーツコーナーのコメンテーター …

By: Stuart Frisby
フォルラン選手突然の戦線離脱。セレッソ大阪に残されたのは巨額の負債

現在J2で9位と苦しい戦いの続くセレッソ大阪。その中にあって高額年俸で獲得した元 …

By: iMorpheus
ようこそ、ハリルホジッチ監督。これがアジアの戦いです

恐らく、ハリルホジッチ監督が一番、驚いているのではないでしょうか?16日のW杯ロ …

By: Yuya Tamai
なでしこJAPAN、W杯初戦のスイス戦に見る澤選手の重要性

なでしこJAPANはW杯カナダ大会の初戦、スイス戦を1対0で勝利し、W杯連覇へ向 …

By: Joel Solomon
新生なでしこJAPAN、東アジア大会2戦目。韓国相手に悔しい逆転負け

初戦は、実力チームの北朝鮮に善戦したものの、最後は力でねじ伏せられた感のある新生 …

W杯アジア2次予選
W杯ロシア大会アジア2次予選!ハリルJAPANの対戦相手が決定!

先日の親善試合を連勝し、好調なスタートを切ったハリルJAPANですが、W杯予選で …

By: ·tlc∙
U-15日本代表国内合宿。練習試合で久保建英(くぼたけふさ)君が1ゴール1アシスト

韓国遠征を予定していたサッカーU-15日本代表ですが、韓国国内でMERSの感染が …