フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

絶対負けられない日韓戦。ハリルJAPANの戦いは苦しみながらの引き分け

   

苦戦が続く東アジア大会の新生なでしこJAPANとハリルJAPAN。特にハリルJAPANは、初戦の北朝鮮戦は勝てていた内容の試合だけに、落としてしまったダメージも大きいはず。しかし、今日はそんな事も言っていられない宿命のライバルが相手です。

日韓戦は、いつも激しい試合になります。両国が、日韓戦にかける思いが大きいからです。それだけに、闘志なきものは、ピッチに立つ資格はありません。今日の日韓戦は、何が何でも負けられない試合なのです。

スポンサードリンク

ハリルJAPANスターティングメンバー

GK
西川選手

DF
太田選手
槙野選手
森重選手
遠藤選手

MF
山口選手
藤田選手
倉田選手
柴崎選手
永井選手

FW
興梠選手

システム
4-2-3-1

前半戦レポート

前半4分、ハリルJAPANの右サイドを突破されてクロスをあげられますが、GK西川選手がしっかりとキャッチします。

前半14分、韓国にゴール前で細かくパスをつながれて、ミドルシュートを打たれますが、このシュートは大きくゴールを越えていきました。

前半19分、韓国に両サイドからクロスを上げられ、クリアボールをミドルシュートで合わせられますが、GK西川選手が正面でセーブします。

前半21分、興梠選手が倒されてFKのチャンスを得ます。このFKを太田選手が蹴りますが、壁に当たってしまいます。

前半24分、ハリルJAPANの右サイドを破られて、クロスを上げられ、ヘディングシュートのボールが森重選手の手に当たって、痛恨のハンドの判定。PKを献上してしまいます。このPKを韓国に決められ、ハリルJAPANは先制点を奪われてしまいます。

前半30分、ハリルJAPANのペナルティエリアわずかに外でFKのチャンスを与えてしまいます。このFKを直接狙いますが、ゴールわずかに左に外れました。

前半38分、ゴール前で倉田選手のパスに反応した山口選手が豪快に右足を振りぬき、同点のゴールをあげました。

後半アディショナルタイムは1分。試合はこのまま、同点で前半を終了します。ハリルJAPANは、韓国に終始押し込まれる苦しい展開でしたが、山口選手の貴重なゴールで同点に追いつきました。韓国の両サイドをワイドに使う攻撃に、ボールの奪いどころが絞れなかった印象です。後半は、何とか対応して欲しいと思います。

後半戦レポート

後半、両チームとも選手交代はありません。
ハリルJAPANは中盤の藤田選手を下げ気味にし、4-1-4-1のようなフォーメーションで臨みます。

後半15分、韓国のアーリークロスのFWが飛び込みますが、森重選手が冷静にクリアします。

後半17分、韓国のCK。クリアボールを拾われて、再度、クロスをあげられますが、DFが粘り強く守って、チャンスを与えません。

後半19分、韓国は、2人同時に選手を交代します。

後半22分、韓国のFKのチャンス。折り返されたボールをヘディングで合わせられますが、ここはクロスバーに救われました。

後半24分、ハリルJAPANは永井選手に代わって、浅野選手を投入します。

後半27分、サイドの崩しから、中央にパスが繋がり、振り向きざまのシュートを放たれますが、このシュートはゴールを越えてしまいます。

後半31分、ハリルJAPANの右サイドを崩されて、クロスをあげられますが、DF遠藤選手が粘り強い守備でクリアします。

後半32分、ハリルJAPANは興梠選手に代わって、宇佐美選手を投入します。浅野選手がトップに入り、倉田選手が右、宇佐美選手が左に入ります。

後半33分、ハリルJAPANの左サイドを突破されて、シュートを放たれますが、このシュートはサイドネットでした。

後半34分、韓国は、選手を交代しました。韓国は交代カードを全て使い切りました。

後半38分、ハリルJAPANは右サイドを遠藤選手が突破し、クロスを上げますがCKに逃れられてしまいます。

後半41分、ハリルJAPANは倉田選手に代わって、川又選手を投入します。川又選手がトップに入り、浅野選手が右に入ります。

後半アディショナルタイムは3分。韓国のFKのチャンスを、西川選手がパンチングでクリアします。試合は、このまま1対1の同点で終了します。後半は、韓国に対して積極的にプレスをかけ、自分たちの時間帯を作り出すことができました。それだけに、勝ち越しゴールを奪えなかったことが残念でなりません。

試合の感想

ハリルJAPANは、勝ちたかった試合でした。勝てた試合だったと思います。山口選手のゴールで同点に追いつくまでは、苦しい時間帯が続きましたが、それを凌いでの同点ゴールで流れを変えることができました。

後半に入ると、ハリルJAPANのプレスからチャンスを作る場面も増えましたが、逆転のゴールを奪うことはできませんでした。

FWの永井選手は、俊足が売りの選手ですが、肝心な場面で縦に勝負できず、見せ場を作れませんでした。同じ俊足の浅野選手が、良いアピールをしていたので、発奮して欲しいと思います。

ハリルホジッチ監督のお気に入りの川又選手が、最後のカードとして投入されましたが、韓国相手では自慢のフィジカルも通用せず、起点になることができませんでした。

期待された宇佐美選手も、思ったほどボールに触る機会がなく、チャンスに絡むことができませんでした。もっと、時間がなければ、難しいのではないかと思います。

代表初召集の藤田選手、倉田選手は、中盤でハードワークをこなし、良いパフォーマンスを見せてくれました。今後、激しさを増す中盤のレギュラー争いに一石を投じる内容になったのではないでしょうか。

つまらないミスで、失点したハリルJAPAN。やはり、国際試合ではつまらないミスをしては致命的になってしまいます。そう言った意味では、やはりボールのないところでのファールなど、危機感に欠けるプレーが多かったのではないでしょうか。もう少し、緊張感を持ってプレーする必要があると思います。

 - サッカー, 日本代表

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: yoppy
ハリルJAPAN、なでしこJAPAN、東アジア大会のメンバー50人を発表

ハリルJAPAN、なでしこJAPANが東アジア大会の予備登録メンバー50人を発表 …

By: Tsutomu Takasu
ハリルJAPAN、W杯ロシア大会への第一歩。シンガポール戦はホームでまさかの引き分け

ハリルホジッチ監督が就任してから、3戦負けなしのハリルJAPAN。この試合から、 …

By: University of the Fraser Valley
新生なでしこJAPAN、東アジア大会初戦は悔しい黒星発進

カナダW杯の激闘から、約1ヶ月。なでしこJAPANの戦いは、東アジア大会に舞台を …

By: Jason Gulledge
カナダW杯決勝、なでしこJAPAN対アメリカ。大敗で連覇の夢途絶える

カナダW杯の決勝戦。W杯連覇に王手をかけたなでしこJAPANの相手は、前回W杯決 …

Jリーグへの要求
代表監督初!ハリルホジッチ監督、Jリーグへ5カ条の要望

4月14日にJ1、J2合同委員会が開催されました。その席に、日本代表監督としては …

By: GoToVan
なでしこJAPAN、東アジア大会に臨む23人を発表。ベテラン不在で大幅に若返り

サプライズ発表と評するメディアもあるでしょうが、これこそ、今後に続くなでしこJA …

U-15日本代表
U-15日本代表、海外遠征初戦は黒星スタート!注目の久保君は後半から出場も不発!

日本のメッシと呼ばれる13歳の久保建英(くぼたけふさ)君を飛び級で召集したU-1 …

By: Joel Solomon
カナダW杯決勝トーナメント1回戦オランダ戦、なでしこJAPANの快勝でベスト8進出

カナダW杯、なでしこJAPANは決勝トーナメント初戦で、FIFAランキング12位 …

By: kpjessop
リオオリンピックに向けて…U-22日本代表対コスタリカ戦

日本代表は、ここ数年、アンダーカテゴリーでのW杯出場を逃し続けています。アジア予 …

By: University of the Fraser Valley
カナダW杯、なでしこJAPAN初戦。対スイス戦。苦戦しながらも白星発進。

いよいよ、カナダW杯でなでしこJAPANが初戦を迎えました。相手は、未知の強豪、 …