フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

クローン病は、徐々に良くなり、悪くなる時は一気に悪くなる病気

      2015/07/16

クローン病は、病状が安定している「寛解」と、病状が不安定な「再燃」の状態を繰り返す病気です。根本的な治療方法がないため、「寛解」の状態をいかに継続させるのかが重要になってきます。

「寛解」の状態を維持するために、一般に使用されるのが「エレンタール」という栄養剤です。「エレンタール」を使用すれば、腸に負担をかけずに、効率よく栄養を摂取することができるのです。

スポンサードリンク

5年以内に再燃し入院する確率80%

私がクローン病を発症した時、インターネットで見た情報によれば、クローン病は「寛解」の状態に入っても、5年以内に「再燃」の状態になり入院する確率が80%以上と書かれていました。クローン病について、あまり知識のなかった私は、この数字を見て愕然としたことを覚えています。

今では、医療技術の進歩もあって、この確率はかなり下がってきていると言えます。この数字が下がったおかげで、クローン病患者でも保険に入ることができるようになったと言っても過言ではありません。

少しずつ良くなるクローン病

クローン病が「再燃」の状態から「寛解」の状態に向うには、かなり時間がかかります。少しずつ、本人にも自覚がないくらいに良くなっていくのがクローン病なのです。

食事制限を厳しくし、栄養剤治療を導入しても、急激に良くなることはありません。牛の歩みのように、ゆっくりと良くなっていくのです。

悪くなる時は一気に…

逆に「寛解」の状態から「再燃」の状態になる時は、一気に悪くなります。まるで、坂道を転がり落ちるように、日に日に悪化して行くのです。こうなってしまっては、どうしようもありません。

しかし、クローン病が一気に悪くなる前には、兆候のようなものが体に現れ、警告してくれます。私の場合は、口の周りに吹き出物が出ることで、この兆候を感じることができます。この段階で、食事制限を厳しくするなどの対策をとれば、「再燃」の状態に陥ることを防ぐことができるのです。兆候は、人によって様々だと言われています。自分の身体をよく観察して、兆候を見つけることが「再燃」を繰り返さない秘訣と言えます。

「再燃」を繰り返すと

「再燃」の状態を繰り返していると、腸が狭窄したり、穴が開いたりして、外科手術になる場合があります。そして、外科手術を繰り返していると、腸が短くなってしまい、人工肛門などになってしまうのです。これは最悪のパターンです。

私がクローン病になったのと同じ時期に、知り合いもクローン病と診断されたことを友人から聞きました。その知り合いは、自棄になって暴飲暴食を繰り返しては入院し、医者に最新の薬を要求するといったことを繰り返していました。そして、彼は若くしてこの世を去ることになったのです。

家族の支え

私も、もし独身の時であったならば、その知り合いのように自棄になっていたかもしれません。しかし、幸いなことに私には家族の支えがありました。娘たちは、幼いながらに私を心配してくれて、それが何より嬉しかったのです。

お酒が全く飲めないことも、「寛解」の状態を長引かせることに大きく影響していると思います。お酒好きの方は、お酒がない生活は考えられないと聞きます。アルコール依存症になるほど、お酒を手放せない人もいるほどです。お酒は、クローン病にとって良くありません。クローン病と診断された人は、まずお酒を断つことから始めるべきでしょう。

早期発見が肝心

ガンにしてもそうですが、クローン病も早期発見することが大切だと思います。私の場合も、かなり早期発見だったようです。そのため、「寛解」に移行してからは、栄養剤治療を「自分に合わない」と言って止めてしまっても、「再燃」に転落することはありませんでした。

食事にしても、「寛解」の状態であれば、あまり気を遣わずに食べることができます。外食には注意が必要ですが、自宅で妻が作るものであれば、ほとんど食べることができます。

早期発見のためには、「たかが下痢」と油断しないことが肝心です。少しでも、いつもと違う下痢だと感じたら、早めに消化器内科を受診することをおススメします。

 - クローン病

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Giang Hồ Thị Hoàng
朗方!クローン病や潰瘍性大腸炎の原因となるたんぱく質を研究チームが発見

クローン病や潰瘍性大腸炎は、今まで原因が不明とされていました。原因が不明のために …

By: brett jordan
クローン病になって感じたクローン病のトイレ問題

私は、クローン病になってから、仕事を辞めフリーランスのエンジニアになりました。一 …

保険
朗報!クローン病患者でも加入できる保険がある!

私がクローン病を発症した時には、この病気自体の認知度も低かったため、世間では冷た …

By: Indi Samarajiva
激ウマ!整腸作用もある飲むヨーグルト「ヤスダヨーグルト」が濃厚すぎて幸せ!

クローン病は、腸の病気なので、整腸作用のあるヨーグルト類は食べておきたいものです …

経口腸管洗浄剤
死亡例もある!本当は危険、大腸内視鏡検査時の経口腸管洗浄剤

クローン病患者や潰瘍性大腸炎の患者は、症状が落ち着いていて、医師の経過観察中でも …

20150327
若者の間に流行中!発症率が300倍超に急増の難病クローン病の恐怖!

クローン病の認定者数は、1976年には128人だったのが、2013年には39,7 …

By: Hey Paul Studios
その下痢、大丈夫?意外に自覚がない、隠れ腸疾患患者!

会社や学校で緊張する場面になると、お腹の調子が悪くなるという人の話をよく聞きます …

By: goblinbox_(queen_of_ad_hoc_bento)
クローン病の経口栄養剤「エレンタール」は、人によって合う、合わないがある

クローン病をはじめ、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患がひどくなると、経口栄養剤「エ …

By: Treasure
私がクローン病と診断されて転院するまでの話

自分でブログを開設して、クローン病の記事を書くようになってから、意外とクローン病 …

By: Steven Depolo
口内炎が多発する人は要注意。口内炎もクローン病の症状の1つ

クローン病は、難病に指定されている腸の疾患です。その症状は、消化器官のあらゆる場 …