フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

怪物復活は絶望的。ソフトバンク松坂投手はもう輝きを取り戻せないのか?

      2015/07/16

「平成の怪物」と呼ばれた松坂投手が、9年ぶりに日本球界に復帰し、かつての活躍を知るファンは怪物の復活を期待しています。しかし、現実はそう簡単にはいかないようです。

5月24日に2軍で予定されていた登板を直前で回避。理由は「肩の調子が良くなかった」とのこと。推定3年契約で4億円プラス出来高という破格の契約条件ながら、いまだに復活の兆しさえ見せない松坂投手。残された時間は少ない状況です。

スポンサードリンク

平成の怪物

1998年夏の甲子園、横浜高校のエースだった松坂投手はファンに強烈な印象を残して最後の夏を終えることになります。
準々決勝のPL学園戦では、延長17回に及ぶ死闘を1人で投げ抜き、250球で完投勝利を飾ります。翌日の準決勝の明徳義塾戦では、1イニングに登板し、チームを逆転勝利に導きます。そして決勝戦では、京都盛章戦では、59年ぶり史上2人目となる決勝戦のノーヒットノーランを達成し、最後の夏を締めくくったのです。

松坂投手の同期には、プロから注目されている選手が多くいますが、彼らを「松坂世代」と呼ぶほどに、同期の中では実力が抜きん出ていました。

鮮烈なプロデビュー

松坂選手は西武ライオンズに入団し、1999年4月7日の日本ハム戦でデビューを飾ります。この時、松坂投手は、球速155km/hを披露し、8回2失点でプロ初勝利をあげました。

5月16日のオリックス戦では、イチロー選手との初対決で注目を集めましたが、3打席連続三振1四球とほぼ完ぺきに抑え「プロでやれる自信から確信に変わりました」と名言を残しています。

松坂投手は、その後もオールスターなどでも活躍し、オールスター新人賞を受賞。最終的には16勝を挙げ、ゴールデングラブ賞と高卒新人では史上初となるベストナインを受賞。高卒新人投手としては33年ぶりとなる新人王にも輝きました。

栄光と挫折

その後も、松坂投手は西武ライオンズのエースとして、開幕投手を務めるなど輝かしい栄光の道を歩み続けます。2001年には、高卒史上初となる3年連続の最多勝を記録し、沢村賞を受賞します。

しかし、一方で悔しい思いも経験しました。2000年の8月にシドニーオリンピック日本代表に選ばれ、メダル獲得を期待されました。しかし、9月17日のアメリカ戦に先発し10回2失点の好投をするもチームは敗れてしまいます。中5日で先発した韓国戦では、初回に4点を失うものの、その後は立ち直り、9回5失点にまとめますが、またしてもチームは敗戦。中3日で再び韓国と対戦した3位決定戦では、0対0の投手戦が続いたものの8回裏にタイムリーを打たれ3失点完投負け。日本はオリンピックで初めてメダルを逃す結果になりました。

松坂投手は、4年後のアテネオリンピックでも日本代表に選ばれますが、勝ち星はキューバ戦の1勝のみ。何とか銅メダルは獲得しましたが、オリンピックでは、1勝4敗と相性の悪さが目立ちました。

第1回WBCでの雪辱

オリンピックでは活躍できなかった松坂投手でしたが、2006年の第1回WBCでは世界を相手に輝きを取り戻します。チャイニーズタイペイ戦に先発すると4回1失点。続くメキシコ戦では5回無失点。キューバとの決勝戦では、4回1失点。チームを優勝に導くと共に、自身も大会最多勝、防御率1.38の成績が評価されMVPを受賞しました。

オリンピックでの不振に、「松坂投手は国際球に対応できない」と不安視する声もありましたが、その声を打ち消す大活躍で、メジャーリーグからも注目される投手へと成長しました。

メジャーリーグ挑戦

第1回WBCで活躍した松坂投手は、シーズンオフにポスティング制度でメジャーリーグに挑戦します。ニューヨーク・メッツ、ニューヨーク・ヤンキース、テキサス・レンジャーズなどが入札に参加しましたが、ボストン・レッドソックスが5111万1111ドル11セント(当時のレートで約60億1000万円)で独占交渉権を獲得しました。

交渉は難航しましたが、総額5200万ドルの6年契約を結ぶことで決着しました。

メジャーリーグでの活躍

松坂投手は、メジャーリーグの公式球に対応できるか不安視する声もありましたが、1年目から見事な活躍を繰り広げます。シアトル・マリナーズ戦ではイチロー選手とのメジャー初対戦で4打数無安打に抑えます。ニューヨーク・ヤンキース戦では、松井秀喜選手と初対戦し2打数無安打に抑えます。

松坂投手のメジャーリーグ1年目は、日本人史上初、メジャー史上5人目となる1年目での15勝と200奪三振に到達し、チームもワールドシリーズ優勝に輝きました。松坂投手は、日本人史上初のワールドシリーズ先発も果たしています。

その後も、松坂選手は順調に活躍し、第2回WBCでもチームを優勝に導き、自身も大会最多勝で、2大会連続となるMVPに選出されました。

右肩、右肘の故障

2009年のレギュラーシーズンは、第2回WBCでの活躍がウソのように、2試合連続で打ち込まれ、右肩の疲労を理由に故障者リスト入りをします。復帰後は、初勝利をあげますが、後が続かず、再び故障者リスト入りをすることになります。

この頃から、平成の怪物と言われた松坂投手の輝きが徐々に失われ始めるのです。2010年は、スプリングトレーニング前から背中の張りを訴え、開幕は故障者リスト入りで迎えることになります。その後、復帰するものの、以前のような安定感はなく、好不調の波の激しい投球に終始することになります。

2011年には、4月末に右肘の張りが生じ、5月17日に故障者リスト入り。6月10日にルイス・ヨーカム医師によるトミー・ジョン手術を受けることになります。

運命のトミー・ジョン手術

かつての輝きを取り戻すために決意したトミー・ジョン手術ですが、この手術が、松坂投手に大きな影響を与えたと言えます。

手術から復帰後は、以前のような速球は見られず、変化球のキレも戻りませんでした。投球フォームを崩したことが原因で、右僧帽筋を痛め故障者リスト入りすることになります。
右肩を痛め、それをかばうフォームで投球を続けたことで、右肘を痛め手術をすることになり、術後は、その肘をかばうフォームで投球を続けたことで、右僧帽筋を痛めることになったのです。投手にとって、投球フォームは生命線です。松坂投手は、身体に故障が生じたために、その大事なフォームを崩してしまい、投手生命すら危ぶまれるほどになってしまいました。

9年ぶりの日本球界復帰

松坂投手は、その後も目立った活躍はなく、移籍を繰り返すことになります。そして2014年12月4日にソフトバンク・ホークスの入団となります。しかし、皮肉にもバリバリにメジャーリーグで活躍していた黒田投手の男気溢れる広島入団のニュースが先行し、松坂投手には、あまり注目が集まることはありませんでした。

メジャーリーグから復帰した黒田投手が開幕1軍で活躍する中、松坂投手は開幕を2軍で迎えることになります。チームからは、豊富な経験を買われて、投手陣のリーダーを期待されていただけに、これは大きな誤算だったと言えます。

そして、2軍の試合でも目立った結果は残せず、故障を気にして登板を回避するに至っているのです。

怪物対談

松坂投手は、開幕前に高校時代に「怪物」と呼ばれていた江川元投手のインタビューを受けています。その時、怪物復活か、新松坂投手の誕生かと聞かれ、しばらく答えに悩んだ末に「かつてのような投球は期待できない」と断言しています。その時の沈黙が、自分自身でも、どこまで日本球界でやっていけるのか不安でいっぱいだったように感じられました。

投手にとって、肘の故障は命取りと言いますが、まさにトミー・ジョン手術が松坂投手の運命を決めたと言っても良いのではないでしょうか。

サボりのマツ

元々、横浜高校時代には「サボりのマツ」と呼ばれるほど、練習嫌いな選手だったそうです。それが、高校2年生の時の夏の甲子園予選で自身の暴投によるサヨナラ負けを喫してから、奮起して猛練習を積んだという逸話が残っています。

肘の手術をして、ケガの再発を恐れるあまり、「サボりのマツ」の心境がよみがえって来ている可能性も考えられます。弱気になった松坂投手に残された時間は、そう多くはありません。

栄養管理への不信

プロ野球選手は、女子アナと結婚し、しっかりと栄養管理をしてもらう必要があります。マエケンこと前田健太投手は、奥様が女子アナですが、しっかりとした栄養管理と、金銭管理をしてもらっていることで有名です。

松坂投手も、奥様は元日テレの女子アナの柴田倫世さんです。しかし、メジャーリーグ時代から、あまり奥様の存在がピックアップされることもなく、松坂投手自身も、栄養管理がされているのか不安になるような太った体型に変貌しています。日本球界で活躍していた頃には考えられない体系の変化に、栄養管理をキチンとしてもらっているのかといった声も上がっています。

あれだけ、体形が変わってしまうと、元のようなフォームで投げることは期待できず、それどころか、手投げに近い状態になり、しっかりの体重を乗せた投球ができません。松坂投手の体型の変化は、日頃の不摂生の影響ではないかと思われます。

高額契約の責任

ホークスファンの私としては、このまま2軍でバカンス状態の松坂投手を看過することはできません。松坂投手には、日本球界復帰と高額の契約の責任があるのです。今からダイエットなどと言われても困ってしまいます。

しかし、どう考えても、今の体型でまともな投球ができるとは思えません。2軍ですら通用しないのですから、1軍復帰は絶望的と言わざるを得ません。もう松坂投手だからといって、特別待遇が許される時代ではないのです。

松坂投手に3年契約を持ちかけた球団にも問題があると思います。監督は、元投手の工藤監督なのですから、実際に松坂投手にどれほどの価値があるのかわかるはずです。私が、ここ数年の松坂投手の実績を考えてみても、3年契約するほどの選手ではないことは明らかです。

このまま引退の可能性が高い

ホークスファンの私が、ひいき目に見ても、松坂投手が今シーズン中に1軍登録され、活躍することは難しいと思います。それどころか、シーズンを通して2軍の可能性が大きいと思います。

そうなれば、シーズンオフに引退する可能性も十分にあります。かつて「平成の怪物」と呼ばれた投手にしては、寂しすぎる引退です。しかし、プロの世界とは、それほどまでに厳しいものなのです。

松坂投手自身が、自分の置かれている状況を良く理解して、早いうちに結果を出さなければいけないことを自覚する必要があるのです。プロ野球は開幕したばかりですが、松坂投手に残された時間は多くないのが現実です。

 - 野球

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Peat Bakke
カープ女子歓喜!珍しいインフィールドフライ・サヨナラ勝ちで、昨年新人王の大瀬良投手が初勝利

5月4日のプロ野球、広島対巨人戦は、珍しいインフィールドフライ・サヨナラゲームで …

By: DeusXFlorida (7,110,780 views) - thanks guys!
事実上の更迭!オリックス、森脇監督が成績不振で休養を発表

昨シーズン、2年目の森脇監督の指揮で首位とゲーム差なしの2位に躍進したオリックス …

By: Frédéric BISSON
埼玉西武ライオンズ秋山翔吾選手の四球に見るFor the Teamの精神

野球というスポーツは、For the Teamの精神が強く求められるスポーツです …

By: Xiaojun Deng
怪物かどうかはさておき、スター性は十分の清宮選手

野球ファン、特に高校野球ファンにとっては、清宮選手の甲子園出場は、何よりのニュー …