フリースペース

日常のニュースを思うままに発信します。

*

怪物かどうかはさておき、スター性は十分の清宮選手

   

野球ファン、特に高校野球ファンにとっては、清宮選手の甲子園出場は、何よりのニュースではないでしょうか。西東京大会決勝、早実は5点をリードされる苦しい展開の中、試合をひっくり返し逆転での甲子園出場。この逆転劇を演出したのは、清宮選手ではありません。清宮選手も含めた、早実ナインの執念であると言えるのではないでしょうか。

久しぶりの大物ルーキーの登場に、マスコミや野球関係者の注目を一身に集めている清宮選手。しかし、まだ怪物かどうかを判断するのは早いのではないでしょうか。1年生とは思えない体つきをしていますが、やはり、まだまだ1年生。チームを背負っているのは、上級生なのです。今後、怪物に進化するのか、早熟の大物ルーキーで終わるのかは、清宮選手次第なのです。

スポンサードリンク

早くも「怪物」報道に抱く疑念

高校1年生の頃から、ここまで注目を集める大物の登場は、久しぶりのような気がします。PL学園の清原選手や星陵高校のゴジラ松井選手以来といっても過言ではないでしょう。しかも、清宮選手は、お父様も元一流アスリートということもあって、マスコミの報道は過熱気味です。早くも清宮選手を「怪物」と称するメディアも出てきています。しかし、清宮選手はまだ何も成していないのです。「怪物」なのかどうかは、時期尚早ではないかと思います。

夏の甲子園、西東京大会決勝戦。東海大菅生高校に5点をリードされる苦しい展開の中から、試合をひっくり返し、逆転で甲子園出場を決めたのは、清宮選手1人の力ではありません。甲子園出場に執念を燃やす早実ナインの意地と頑張りが、逆転に繋がったのだと思います。

清宮選手に関しては、数字だけを見れば打率は十分な数字を残しています。しかし、肝心のホームランはまだ1本も出ていません。打球を遠くへ飛ばすのも、打者としての立派なスキルです。清宮選手が、長距離砲としての才能を開花させるのか、このまま好打者として終わるのかは、これからの清宮選手次第なのです。

評価がわかれるプロ野球スカウトの声

清宮選手に関しては、早くもプロ野球スカウトの声を掲載しているメディアもあります。しかし、プロ野球スカウトの評価も、わかれているのが現状です。それは、恐らく現時点ではプロ野球のスカウトでさえ、判断しかねる部分があるからだと思います。

プロ野球のスカウトの声は、絶対ではありません。超高校級の怪物として騒がれながらプロ野球入りしたものの、その後、伸び悩み消えて行った選手は数多く存在します。一方で、広島の黒田投手のように高校の時点では全く評価されていなかった選手が、大きく成長し、メジャーリーグでも活躍する選手になったケースもあります。プロ野球スカウトの目など、その程度の評価でしかないのです。

清宮選手に関して言えば、高校1年生としては恵まれている体格にポイントが集まっています。まだまだプロでやれる身体ではないと評価する声もあれば、プロでも通用する身体だとする声もあります。お父様も、元一流アスリートとして活躍されていただけあって、アスリートとしてサラブレットな点を評価する声もあります。私は、体は大きいものの、まだまだ鍛えることができる伸びしろを十分に持っていると感じています。ただ、清宮選手が現状に満足してしまったならば、その成長は止まってしまうでしょう。

長距離砲?中距離の好打者?

偶然ですが、清宮選手が日本代表として戦ったリトルリーグの試合をケーブルテレビで見たことがあります。その頃から、清宮選手は既に大柄で、その体格を生かしてホームランを量産していました。その素質は、かなりのものだと感じたことを覚えています。しかし、早実での公式戦デビューから、西東京大会決勝戦までを見る限りでは、ホームラン0本と、少し寂しい数字になっています。

清原選手や、ゴジラ松井選手などは、高校1年生の頃からボールを遠くに飛ばす才能に秀でていました。それが、プロ入りしても主砲として活躍できた秘訣ではないかと思うのです。もちろん、清原選手やゴジラ松井選手自身の努力もあってのことです。そう言った点から見れば、清宮選手は、今のところは中距離の好打者といった印象を受けます。もちろん、1本ホームランが出ることで、ガラッと変わる可能性も秘めています。今は、周囲のプレッシャーと懸命に闘っている最中なのかもしれません。それだけに、あまり過剰に評価することは避け、本人の成長に悪影響のない程度に控えて欲しいと願うのです。

「怪物」になるかは本人次第

私個人の清宮選手に対する評価は、「怪物」になる素質を秘めた素晴らしい選手といった感じです。今後、「怪物」と呼ばれるまでに成長するのかどうかは本人次第なのです。今までは、恵まれた体格を生かして、ホームランを量産できていたでしょうが、ここからはボールを遠くに飛ばせる才能がどこまで開花するかにかかっています。日本の高校野球のレベルは、そこまで甘くはないのです。

埼玉西武ライオンズの主砲、中村選手などは、今、日本のプロ野球で一番ボールを遠くに飛ばせる才能に秀でている選手だと思います。お世辞にも、プロの選手とは思えない太り気味の体型から、想像もできないシャープな腰の回転と体重を十分に乗せたスイングでホームランを量産しています。清宮選手が、一番、目標とするのに近い選手が、この中村選手ではないかと感じているのです。もし、清宮選手が中村選手を手本に進化し続ければ、間違いなく「怪物」と呼ばれるにふさわしい選手に成長することでしょう。

ここ最近、甲子園を沸かせてきたヒーローたちは、投手に集中していました。松坂投手から始まり、二刀流の大谷投手まで、様々なタイプの投手が甲子園のヒーローから、プロ野球選手デビューし、チームの中心となって活躍しています。清宮選手は、そんな投高打低の状況で、久しぶりに登場してきた好打者の1人なのです。ヒーローを待ちわびていたマスコミに、騒ぐなという方が難しいでしょう。しかし、まだまだ16歳の高校1年生なのです。少し静かに、「怪物」への成長を見守るべきではないでしょうか。

 - 野球

        

広告

広告

  フォロー、いいねをお願いします

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

By: Peat Bakke
カープ女子歓喜!珍しいインフィールドフライ・サヨナラ勝ちで、昨年新人王の大瀬良投手が初勝利

5月4日のプロ野球、広島対巨人戦は、珍しいインフィールドフライ・サヨナラゲームで …

By: Frédéric BISSON
埼玉西武ライオンズ秋山翔吾選手の四球に見るFor the Teamの精神

野球というスポーツは、For the Teamの精神が強く求められるスポーツです …

By: JoshBerglund19
怪物復活は絶望的。ソフトバンク松坂投手はもう輝きを取り戻せないのか?

「平成の怪物」と呼ばれた松坂投手が、9年ぶりに日本球界に復帰し、かつての活躍を知 …

By: DeusXFlorida (7,110,780 views) - thanks guys!
事実上の更迭!オリックス、森脇監督が成績不振で休養を発表

昨シーズン、2年目の森脇監督の指揮で首位とゲーム差なしの2位に躍進したオリックス …